• 寿司に薫らせる次郎のエレガンス 銀座「すきやばし次郎」|マッキー牧元の「行かねば損する東京の和食」

    寿司に薫らせる次郎のエレガンス 銀座「すきやばし次郎」|マッキー牧元の「行かねば損する東京の和食」

    1年間の外食数は600軒以上。高級店からB級までをくまなく知り尽くすタベアルキスト、マッキー牧元さん。食べ歩きのプロ中のプロに、今行くべき東京の和食店を教えてもらいます。

  • シリル・ブラン×手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い 第二弾

    シリル・ブラン×手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い 第二弾

    第一弾に続く、「松乃鮨」のご主人・手塚良則氏とシャルル・エドシックの最高醸造責任者のシリル・ブラン氏による、マリアージュ検証第2回目です 。

  • 「アマン東京」で極上の鮨を! 「武蔵 by アマン」オープン

    「アマン東京」で極上の鮨を! 「武蔵 by アマン」オープン

    2018年10月17日、東京大手町から極上のホテルライフを提供する「アマン東京」に、「武蔵 by アマン」がオープンしました。昨今、鮨ブームが加熱する中、外資系高級ホテルの鮨屋は珍しい存在で、外国人ゲストはもちろん、グルメな日本人からも熱い視線を集めています。 33階のロビーから行燈に導かれて階段を上り、真新しい暖簾を潜ると、ご主人の武蔵弘幸さんがにこやかに迎えてくれます。白漆喰とクスノキの無垢板、障子の温もりに包まれた建築家の橋本夕紀夫氏による店内も、ほっと心を和ませます。 18歳でこの世界に飛び込んでから30年以上、鮨職人として多くのゲストの舌を唸らせてきた武蔵さん。今回、「ア


pagetop