• わずか40gの小さなお菓子は、幸せへと導く“一粒の種” 南青山 「UN GRAIN」

    わずか40gの小さなお菓子は、幸せへと導く“一粒の種” 南青山 「UN GRAIN」

    南青山のミニャルディーズ専門店「UN GRAIN(アン グラン)」。店名は「一粒の種」の意。ムースやクリームを使った生菓子から、サブレ、ガレットなどの焼き菓子まで、すべて一粒サイズに仕上げられた約40種類ものお菓子が、美しくショーケースに並びます。そこに込められているのは、昆布智成(こんぶ ともなり)シェフパティシエの故郷への想いや、生産者へのリスペクト、そしてお菓子を楽しみに来てくれるお客様への愛など、さまざまなストーリー。小さな一粒が誰かの手に渡った時、そこには甘くて大きな幸せの花が咲き誇ります。

  • シェフの必需品|南青山「UN GRAIN」 昆布 智成シェフ

    シェフの必需品|南青山「UN GRAIN」 昆布 智成シェフ

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回訪れたのは、南青山にあるミニャルディーズ専門のパティスリー「UN GRAIN(アン グラン)」。ひとつまみサイズの小さなケーキや焼き菓子に真心を込める、昆布智成(こんぶ ともなり)シェフパティシエの必需品とは?


pagetop