• 新潟の魚と米で唸らせる。「鮨 登喜和(ときわ)」|マッキー牧元の美味しいから旅をするのだ!

    新潟の魚と米で唸らせる。「鮨 登喜和(ときわ)」|マッキー牧元の美味しいから旅をするのだ!

    かつて長崎に、「とら寿し」という鮨屋があった。 作家の遠藤周作や山口瞳が贔屓にしていた店で、東京以外に薦められる鮨屋がなかった時代に、唯一通った店である。この店の潔さは、近海で獲れた魚しか扱わないことにあった。そのため時化たら店は休業する。 鮨屋の看板でもあるマグロも普段は置かず、たまに春先になって獲れたヨコワ(クロマグロの幼魚)だけを扱う。あくまで当日獲れた魚だけを、あるものは生で、あるものは締め、あるものは煮て、鮨ダネにしていた。 今は全国に優れた鮨店が多くある。だが一部の店は、魚を豊洲から仕入れているため、東京で食べる鮨屋と寸分変わらない。これでは地方で鮨屋を訪れる意味


pagetop