• “日本の風土と心を表す中国料理”への挑戦 南青山 「慈華」

    “日本の風土と心を表す中国料理”への挑戦 南青山 「慈華」

    2019年12月にオープンし、わずか1年目でミシュラン1つ星に輝いた、南青山の中国料理「慈華(いつか)」。田村亮介オーナーシェフは、師・長坂松夫シェフから受け継いだ「麻布長江」(西麻布)が建物の老朽化により閉店するのを機に、新たな勝負に出ました。コンセプトは「素材を慈しみ、人を慈しみ、料理を慈しむ」。食材や料理と真剣に向き合い、“日本の地でしか作れない中国料理”をコースのみで表現します。紛れもない中国料理でありながら、日本の心や技、風土を感じる料理の数々。「いつかもう一度食べたい」と、記憶に残る一品に出合える一軒です。

  • シェフの必需品| 南青山「慈華」 田村亮介シェフ

    シェフの必需品| 南青山「慈華」 田村亮介シェフ

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。2021年最初にご紹介するのは、オープンからわずか1年目でミシュラン1つ星に輝いた、南青山の中国料理「慈華(いつか)」の田村亮介(たむら りょうすけ)シェフの必需品です。

  • ハレの日の料理を全細胞で楽しもう! 外苑前「慈華(いつか)」|サトタカの「行かねば損する東京の中華料理店」

    ハレの日の料理を全細胞で楽しもう! 外苑前「慈華(いつか)」|サトタカの「行かねば損する東京の中華料理店」

    中国料理に魅せられて、国内はもとより中国にも足繁く通って取材する中国料理探訪家・サトタカさん。“中国を食べ尽くす”プロに、今行くべき東京の中華料理店を教えてもらいます。


pagetop