fbpx
  • 東京に居ながらにしてイタリア気分 恵比寿「Osteria Splendido(オステリア・スプレンディド)」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    東京に居ながらにしてイタリア気分 恵比寿「Osteria Splendido(オステリア・スプレンディド)」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

  • “一皿”入魂!アラカルトで魅せるモダンフレンチ 恵比寿「336 ébisu(サンサンロク エビス)」

    “一皿”入魂!アラカルトで魅せるモダンフレンチ 恵比寿「336 ébisu(サンサンロク エビス)」

    恵比寿3丁目36番地。恵比寿と白金に挟まれた住宅地の一角に立つ、特徴的な三角形のビル。その1階に「ミシュランガイド東京」で2018・2019年の2年連続ビブグルマンを獲得し注目を集めるフレンチレストラン「336 ébisu」があります。レストランとしてさらなる高みを目指し、オーナーソムリエ・山崎智隆氏とタッグを組むのが、大和田龍之助シェフ。クラシックからビストロまで、さまざまなスタイルのフレンチで培ってきた経験を活かし、一つ一つの料理を最高に美味しいものに仕上げていきます。コンセプトは「上質をカジュアルに」。オーナー選りすぐりのワインと共に、アラカルトで気軽に楽しむことができるの

  • シェフの必需品| 恵比寿|「336 ébisu(サンサンロクエビス)」大和田龍之介

    シェフの必需品| 恵比寿|「336 ébisu(サンサンロクエビス)」大和田龍之介

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回は、恵比寿の閑静な住宅街で、モダンフレンチと選りすぐりのワインが味わえる「336 ébisu」の大和田龍之介(おおわだ りゅうのすけ)シェフにスポットを当てます。常に高みを目指し、誠実に料理と向き合う大和田シェフ。ふたつの必需品からも、料理人という仕事にかけた一途な思いが伝わってきました。

  • “美味しそうなひと”が作るイタリアン 恵比寿「golosita.(ゴロシタ)」| ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    “美味しそうなひと”が作るイタリアン 恵比寿「golosita.(ゴロシタ)」| ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴24年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ボイシャキ|恵比寿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ボイシャキ|恵比寿

    注文してからまず出されるのは「スパイスホットウォーター」。カレーのベースとなる香辛料からとった出汁に、はちみつを加えたほんのり甘くて優しい味。これを飲むと風邪を引かなくなるのだとか。 バングラデシュで製薬会社のエリアマネージャーをしていたシェフのイスラム・エムディエムダドウルさんは、香辛料やハーブの効用にも詳しく「食事で健康になってほしい」との想いから化学調味料は一切使わず、メニューはすべて食べる人の健康を考えて作っているのだそう。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|GEM by moto(ジェムバイモト)|恵比寿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|GEM by moto(ジェムバイモト)|恵比寿

    日本酒バーである「GEM by moto」は、料理に合わせて日本酒をペアリングしてくれるのも魅力的なポイントの一つ。今回は、お料理と一緒に楽しみたい日本酒も合わせてご紹介します。 まずは「ブルーチーズハムカツ」。厚切りのハムの中にブルーチーズを入れて揚げた一品です。アクセントとして少量は入っている黒にんにくの香ばしさもプラスして、クセになる味わいです。 こちらに合わせて飲みたい日本酒が「民宿とおの どぶろく・水もと仕込」。"水もと仕込"というのは、協会酵母や醸造用乳酸菌を添加せず、天然酵母や自然の乳酸菌を活かした仕込みのこと。また使用米の「遠野一号」も無農薬栽培なのだとか。ブルーチ

  • 【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto(ジェム バイ モト)」千葉麻里絵 ~後編~

    【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto(ジェム バイ モト)」千葉麻里絵 ~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は恵比寿の「GEM by moto」の千葉麻里絵さんが日本酒を好きになったきっかけやお店づくりで意識していることなどを伺いました。そして、今回お聞きしたのは千葉さんにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

  • 【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto(ジェム バイ モト)」千葉麻里絵 ~前編~

    【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto(ジェム バイ モト)」千葉麻里絵 ~前編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。14回目の今回は、“日本酒は宝物”というコンセプト掲げている日本酒バー「GEM by moto」の店長を務める千葉麻里絵さんです。日本酒に対して貪欲に努力と勉強を怠らず、そして常に謙虚な千葉さん。必需品をうかがう前に、料理の世界に足を踏み入れたキッカケや、日本酒への想いなどについてお伺いしました。

  • 世界一のお肉が堪能できる「ユーゴ・デノワイエ恵比寿」が待望の復活!

    世界一のお肉が堪能できる「ユーゴ・デノワイエ恵比寿」が待望の復活!

    世界的に”肉の目利き”として名高い肉職人、ユーゴ・デノワイエ氏が選んだ希少肉が楽しめるレストラン「ユーゴ・デノワイエ恵比寿」が2017年10月2日(月)よりオープンしました。2015年に海外一号店として一度オープンさせ、予約困難の大人気店となったものの、今年5月に惜しまれながら閉店。しかし、閉店後にも復活を熱望する声が多く寄せられ、今回待望のオープンとなりました!

  • 日本初バインミー専門店「EBIS BANHMI BAKERY」が恵比寿にオープン!

    日本初バインミー専門店「EBIS BANHMI BAKERY」が恵比寿にオープン!

    お店で粉から焼き上げるバインミー専門店「EBIS BANHMI BAKERY(エビスバインミーベーカリー)」が恵比寿にオープンしました。 バインミーとはベトナム語で「パン」という意味。日本や欧州とは違って“中はふわふわ、外はカリカリ”食感がバインミーの特徴とのこと。このパンで具材をはさんで食べるのがバインミーサンドイッチです。

pagetop