• わずか40gの小さなお菓子は、幸せへと導く“一粒の種” 南青山 「UN GRAIN」

    わずか40gの小さなお菓子は、幸せへと導く“一粒の種” 南青山 「UN GRAIN」

    南青山のミニャルディーズ専門店「UN GRAIN(アン グラン)」。店名は「一粒の種」の意。ムースやクリームを使った生菓子から、サブレ、ガレットなどの焼き菓子まで、すべて一粒サイズに仕上げられた約40種類ものお菓子が、美しくショーケースに並びます。そこに込められているのは、昆布智成(こんぶ ともなり)シェフパティシエの故郷への想いや、生産者へのリスペクト、そしてお菓子を楽しみに来てくれるお客様への愛など、さまざまなストーリー。小さな一粒が誰かの手に渡った時、そこには甘くて大きな幸せの花が咲き誇ります。

  • シェフの必需品|南青山「UN GRAIN」 昆布 智成シェフ

    シェフの必需品|南青山「UN GRAIN」 昆布 智成シェフ

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回訪れたのは、南青山にあるミニャルディーズ専門のパティスリー「UN GRAIN(アン グラン)」。ひとつまみサイズの小さなケーキや焼き菓子に真心を込める、昆布智成(こんぶ ともなり)シェフパティシエの必需品とは?

  • “日本の風土と心を表す中国料理”への挑戦 南青山 「慈華」

    “日本の風土と心を表す中国料理”への挑戦 南青山 「慈華」

    2019年12月にオープンし、わずか1年目でミシュラン1つ星に輝いた、南青山の中国料理「慈華(いつか)」。田村亮介オーナーシェフは、師・長坂松夫シェフから受け継いだ「麻布長江」(西麻布)が建物の老朽化により閉店するのを機に、新たな勝負に出ました。コンセプトは「素材を慈しみ、人を慈しみ、料理を慈しむ」。食材や料理と真剣に向き合い、“日本の地でしか作れない中国料理”をコースのみで表現します。紛れもない中国料理でありながら、日本の心や技、風土を感じる料理の数々。「いつかもう一度食べたい」と、記憶に残る一品に出合える一軒です。

  • シェフの必需品| 南青山「慈華」 田村亮介シェフ

    シェフの必需品| 南青山「慈華」 田村亮介シェフ

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。2021年最初にご紹介するのは、オープンからわずか1年目でミシュラン1つ星に輝いた、南青山の中国料理「慈華(いつか)」の田村亮介(たむら りょうすけ)シェフの必需品です。

  • 僕がウニのパスタを食べる店 南青山「Etruschi(エトゥルスキ)」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    僕がウニのパスタを食べる店 南青山「Etruschi(エトゥルスキ)」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

    日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

  • 熱き料理人魂を体感する中国料理 南青山「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズレストラン)」

    熱き料理人魂を体感する中国料理 南青山「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズレストラン)」

    中国料理の名店「四川飯店」グループの総料理長という肩書きを離れ、30年間の経験を武器に自らの店「4000 Chinese Restaurant」を立ち上げた菰田欣也(こもだ きんや)シェフ。「原点に立ち返り、料理人としてただ料理を作りたい」。全てのお客様と顔を合わせて会話をし、ひとりひとりの声に応えることを大切にしています。全国各地の生産者や、長年信頼関係を築いてきた豊洲市場の仲卸業者から仕入れた極上の食材を、シェフ自身が描く最高の料理にして提供します。

  • シェフの必需品| 南青山「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズレストラン)」菰田欣也

    シェフの必需品| 南青山「4000 Chinese Restaurant(ヨンセン チャイニーズレストラン)」菰田欣也

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回訪れたのは、今最も注目を集めるレストランの一つ、南青山の「4000 Chinese Restaurant」。オーナーであり総料理長を務めるのは、菰田欣也(こもだ きんや)シェフです。約30年にわたり「赤坂四川飯店」の陳建一氏の下で四川料理の普及に従事し、グループ全体の総料理長まで任された彼が、2017年に独立。一料理人として「料理を作る」という原点に戻りたかったと話す菰田シェフに、その真意と、彼を支える必需品をうかがいました。

  • 「ジャン-シャルル・ロシュー」日本1号店が南青山にオープン!

    「ジャン-シャルル・ロシュー」日本1号店が南青山にオープン!

    2018年1月18日、フランスのショコラティエ「ジャン-シャルル・ロシュー」が東京・南青山にオープンしました。 伝統的な技術と革新的なセンス、そして情熱と美意識でショコラを表現しているジャン-シャルル・ロシュー。人々を魅了し続けるショコラに畏敬の念を払い、時に彫刻家として、時に音楽家として、ショコラを作り続けています。パリのブティックには動物のショコラが生き生きと並べられ、特にクロコダイルの彫刻のショコラは圧巻。様々な地域から厳選したカカオ豆を使用したタブレットは、種類の豊富さも特徴のひとつです。

  • 2017年冬に「800ディグリーズナポリタンピッツェリア」が東京・南青山にOPEN

    2017年冬に「800ディグリーズナポリタンピッツェリア」が東京・南青山にOPEN

    ロサンゼルスを中心に人気に火がついた、ナポリタンピザレストラン「800 ディグリーズ  ナポリタン ピッツェリア」の国内第2号店が、2017年冬に南青山にオープンします。全世界で16店舗を展開するほどの人気を誇る「800 ディグリーズ  ナポリタン ピッツェリア」は、5種類のベースピッツァと約40種類のトッピングの中から独自の組み合わせで、自分だけのカスタマイズピザを作ることができるのが特長です。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|holoholo|南青山

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|holoholo|南青山

    スタッフの方々がワインの知識も豊富なので、お料理に合わせてセレクトしていただけます。この日は、料理のオーダーが幅広かったので、ボトルではなくグラスで愉しませていただきました。


pagetop