• カスタマイズしたエリンギ|エネコ・アチャ・アスルメンディ<ENEKO Tokyo>第3回

    第1回の“東京”、第2回の“オブラート”に続く、「アスルメンディ」と「エネコ東京」のシェフ、エネコ・アチャ・アスルメンディさんの第3回「私の好きな日本」。それは、日本でもトップクラスを誇るキノコの産地、長野県中野市の農協に特別に作ってもらっているエリンギでした。イタリア料理やフランス料理の定番の食材のひとつ、エリンギを、彼はどのように料理するのでしょうか?

  • Customized Eringi|Eneko Atxa Azurmendi<ENEKO Tokyo>No.3

    This is a third article on “My Favorite Japan” of Eneko Atza Azurmendi, a chef of “Azurmendi” and “ENEKO Tokyo” followed by first “Tokyo” and second “Oblate” articles.  Topic is eringi, which is produced specially by Japan Agricultural

  • 理想の食感を叶える日本の食材|エネコ・アチャ・アスルメンディ<ENEKO Tokyo>第2回

    スペイン・バスク地方の三つ星レストラン「アスルメンディ」のオーナーシェフ、エネコ・アチェ・アスルメンディさん。地元の食材からインスピレーションを受けることの多いエネコシェフが、日本からわざわざ取り寄せてまでも使用したい食材があります。それはなんと「国光オブラート」製のオブラート。 オブラートは、ジャガイモやサツマイモのデンプンからできる薄いペーパー。口に入れるとすぐに溶けるため、飲み込む力が弱い子供やお年寄りに薬を与える時、かつて日本では、薬をオブラートで包んでいました。そのため、日本人には「オブラート=食材」というイメージはありません。エネコシェフはオブラートの何に魅力を感じたのでしょ

  • Japanese Ingredient which Fulfills Ideal Texture|Eneko Atxa Azurmendi<ENEKO Tokyo>No.2

    Eneko Atxa Azurmendi is an owner and chef of three star restaurant Azurmendi in Basque region of Spain.  There is a special product from Japan which chef, who gets lots of inspiration from local food, wants to use even importing all the way.  Surprisingly, that is wafer paper of “Kok

  • Tokyo Food Wonder Land|Eneko Atxa Azurmendi<ENEKO Tokyo>No.1

    The Basque region of Spain is a gastronomic paradise for gourmets. The coastal town of San Sebastian is a cradle of Spanish bar culture, with its variety of small shops, which are loved by the locals, and which include several Michelin starred restaurants. In this town lives a three-starred Mi

  • シェフの必需品|六本木「Jean-Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ東京)」米澤文雄~後編~

    シェフの必需品|六本木「Jean-Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ東京)」米澤文雄~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は六本木の『Jean-Georges Tokyo』の米澤文雄シェフが料理の道に進んだ理由や、料理の道の歩み方などをお伺いしました。そして、今回お聞きしたのは米澤シェフにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

  • シェフの必需品|六本木「Jean-Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ東京)」米澤 文雄~前編~

    シェフの必需品|六本木「Jean-Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ東京)」米澤 文雄~前編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。11回目の今回は、六本木にあるフレンチレストラン「Jean-Georges Tokyo」の店主である米澤 文雄シェフです。NYミシュラン創刊以来三ッ星を獲得し続けるJean-Georgesより待望であった、東京進出を果たしたのがこちらのお店。必需品をうかがう前に、料理人を目指したきっかけや、米澤シェフの料理の道の歩み方などを伺いました。

  • SPECIALイベントレポート|六本木|「満寿泉 & SAYS FARM × JG Tokyo」

    SPECIALイベントレポート|六本木|「満寿泉 & SAYS FARM × JG Tokyo」

    2017年10月17日(火)、六本木ヒルズにあるフレンチアジアン「Jean-Georges Tokyo(ジャンジョルジュ トウキョウ)」にて、『満寿泉&SAYS FARM×JG Tokyo』が開催され、編集部で豪華ペアリングディナーに参加してきました。その際のイベントレポートをご紹介していきます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|レストラン リューズ|六本木

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|レストラン リューズ|六本木

    店内は落ち着いた照明に心地の良いBGMが流れおり、リッチな大人の時間が楽しめそうな雰囲気。レストランリューズのランチコースメニューは、平日限定コース"Dejeuner"(3600円)、前菜2皿・魚料理・肉料理・デザートのコース"MENU DU JOUR"(5800円)、旬の素材を活かしたシェフのオススメコースMENU “Ryuzu”(8400円)があります。今回は、平日限定コースを注文しました。

  • ニューヨーク発「エンパイアステーキハウス」が六本木にオープン!

    ニューヨーク発「エンパイアステーキハウス」が六本木にオープン!

    2017年10月17日に、ニューヨーク・マンハッタンで人気を博しているステーキハウス「エンパイアステーキハウス」が六本木に上陸します。90坪以上の面積を誇る大型店舗としてオープン予定で、1920年代のニューヨークの世界を再現したラグジュアリーな空間の内装やバーカウンター、個室のプライベートルーム・パーティールームも用意されています。

pagetop