• 九州のシェフが九州の味で被災地支援 「九州シェフズクラブ」 第3回チャリティブッフェパーティ

    九州のシェフが九州の味で被災地支援 「九州シェフズクラブ」 第3回チャリティブッフェパーティ

    九州出身のシェフがタッグを組み、ふるさとの食材で被災地を救いたい。「九州シェフズクラブ」は、2016年の熊本大地震をきっかけに誕生した九州出身シェフたちの集まりです。 「モナリザ」河野透シェフ、「トレフミヤモト」宮本雅彦シェフ、「北島亭」大石義一シェフの呼びかけのもと、2017年2月28日に発足。現在では九州全県からシェフをはじめ、飲食業に関わる多くの九州人がメンバーとなっています。メイン活動は、九州の食材を使ったチャリティブッフェパーティを開催し、集まった義援金を被災地に届けること。第1回「福岡県」、第2回「宮崎県」と、毎回1つの県の食材をテーマにシェフたちが腕をふるい、パーティでは自


pagetop