• 皿の上でアートを描くシェフを支える日本の野菜|ハインツ・ベック<Heinz Beck> 第3回

    第一回と第二回の記事で、繰り返し日本の野菜の素晴らしさを語ってくれたイタリアンシェフのハインツ・ベックさん。最終回となる今回、ハインツシェフが作ってくれたのは、鳩を使ったメインの一皿でした。 「オーブンでパーフェクトに焼いた鳩に、グリルした小玉ねぎとハーブ、ほんの少しのカシスを添えました。イタリアのワイン、ブルネロモンタルチーノと一緒にどうぞ。まるで美しいトスカーナでバケーションを過ごすような気分になりますよ」 と、太鼓判を押します。オーブンから取り出されたばかりの芳しい香りもさることながら、さらに目を奪われたのはその美しい盛り付けです。「まるで一幅の絵を見ているようですね」と伝え

  • Japanese Vegetables Assist Chef Who Draws Pictures on Plates|Heinz Beck|No.3

    Mr. Heinz Beck, an Italian chef kept describing what is great about Japanese vegetables in his articles No. 1 and 2.  To conclude the series of his articles, this time Mr. Heinz cooked a main course of dove. “After baking a dove perfectly in an oven, grilled small onions, herbs, and ju

  • 旬を迎えた沼津の金目鯛|ハインツ・ベック<Heinz Beck> 第2回

    2014年11月に東京でもレストランをオープンさせたイタリアンシェフのハインツ・ベックさん。実は初来日はもっと前の1989年でした。 「世界のあちこちで仕事をしていますが、初来日時の経験が忘れられず、いつか東京で店を持ちたいと思っていました。ようやくその夢が叶い、とても幸せです」と、語ります。 京都で出会った懐石、東京で発見した素晴らしい鮨など、ヘルシーな日本食をシェフの理想とする「美食と健康」の両立の理想形としてリスペクトするハインツさんにとって、上質な日本の食材はイタリアの店と同じように料理を提供できる強い味方なのだとか。

  • Season has come for Kinmedai of Numazu|Heinz Beck|No.2

    Mr. Heinz Beck is an Italian Chef who opened his restaurant in Tokyo in November 2014.  Actually, he first came to Japan way long before, in 1989.  He told, “I have been working in many places around the world, but I could not forget the experience with my first visit to Japan. 

  • 3つ星シェフのハートを射止めたキャベツ|ハインツ・ベック<Heinz Beck> 第1回

    東京丸の内にあるイタリア料理界の重鎮、ハインツ・ベック氏の東京の店「ハインツ・ベック」。白とベージュを基調としたインテリア、仄かに照らすライト、テーブルをさりげなく飾る生花……すべてが優しく穏やかな印象です。 いくつもの店に星をもたらした敏腕シェフ、ハインツ氏。さぞやパワフルな方なのだろうと想像し、いざご本人と会ってみると、さにあらず。朗らかな笑みを湛えるその表情は、最初に抱いたこの店の印象とぴったり重なります。

  • Cabbage Winning the Heart of Three-starred Chef|Heinz Beck|No.1

    “Heinz Beck” a restaurant in Tokyo of Mr. Heinz Beck, the authority of an Italian cooking, is located at Marunouchi, Tokyo.  White and beige based interior, dim light, fresh flower placed casually on the table… impression I received was all soft and pleasant. Mr. Heinz is

  • 旨みたっぷりのおしゃれな豆菓子「umami nuts」

    旨みたっぷりのおしゃれな豆菓子「umami nuts」

    落花生の産地・鹿児島で60年近く豆菓子づくりを続ける「大阪屋製菓」。地元では子供たちのおやつ、大人の焼酎のおつまみにと親しまれている豆菓子専門店が、この11月1日11時、東京・丸の内に新しいプレミアム豆菓子店をオープンさせました。その名も「umami nuts」。今や世界共通語となったumamiを、豆菓子を通じて国内外に発信しています。

  • 日本中の食材を楽しめる「日本百貨店さかば」が東京・丸の内にオープン

    日本中の食材を楽しめる「日本百貨店さかば」が東京・丸の内にオープン

    「ニッポンのモノヅクリとスグレモノ」をテーマに、日本中から集めた逸品を販売する日本百貨店「日本百貨店さかば」が、東京・丸の内にオープンしました。 日本百貨店は、御徒町で生まれた雑貨と食品を扱う小売店。「作り手と使い手の出会いの場」というコンセプトの名の通り、日本全国から様々なヒト・コト・モノが大集合。一足踏み入れるだけで、日本のどこかに行ったようなワクワクを感じられます。

  • SPECIALイベントレポート|有楽町|「一保堂茶舗 東京丸の内店×イイホシユミコ」一保堂で器展

    SPECIALイベントレポート|有楽町|「一保堂茶舗 東京丸の内店×イイホシユミコ」一保堂で器展

    2017年12月6日(水)、京都に本店を構える日本茶の専門店「一保堂茶舗 東京丸の内店」にて、『お茶のある暮らしVol.13 イイホシユミコうつわ展』が開催されました。編集部は、茶葉の魅力をワークショップを通して体験してきました。今回は、その際のイベントレポートをご紹介します。

pagetop