• ガレット・クレープで人気のブレッツカフェから初の日本語翻訳レシピ本、発売。

    ガレット・クレープで人気のブレッツカフェから初の日本語翻訳レシピ本、発売。

    ブルターニュ、モン・サン=ミッシェル湾の港町カンカルで生まれたクレープリー「ブレッツカフェ」。今や、神楽坂をはじめ、表参道や銀座など幅広く出店され、ガレット・クレープの定番レストランとなった同店のガレット・クレープのレシピ本が日本語翻訳となり発売された。 2014年に出版されたフランス語、2015年の英語版に続き、待望の日本語版の出版ということで、ガレットファンには嬉しいニュース。 以前、FOODPORT.で取材させていただいた、日本初出店の「ル ブルターニュ 神楽坂店」は今年で20周年を迎える。また、「ブレッツカフェ」は、2016年FIGARO Scopeで9度目の“パリ一番


pagetop