RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

「ただいま」って言える気軽さが魅力 渋谷区神泉町「ホルモン永秀」|しおりんの行かねば損する東京の焼肉

焼肉ならば毎日でも食べられる! 焼肉好きが高じて肉コラムまで執筆するようになったPR会社社長の「しおりん」こと、加藤紫織さん。最上の焼肉を求めて、東京を東へ西へ。そんな“焼肉ビューティー”が注目する東京の焼肉店を紹介します。

めざすは隠れたグルメスポット。渋谷区神泉町「ホルモン永秀」

渋谷の喧騒を抜けた神泉エリア。
渋谷駅から徒歩10分強と、用事がないとなかなか足を伸ばさない距離ではありますが、某有名鰻店があったり、気の利いたワインとビストロ料理を楽しめたり、質の高いワンコインピザが食べられたり、意外と隠れたグルメスポットだったりします。
ご紹介する「ホルモン永秀」の渋谷神泉本店は、隠れ家というほど気取ることもなく、居酒屋ほど賑やかでもなく、馴染みの空間で寛ぐことを良しとしてくれるホルモン焼肉屋さん。

“ツマミメニュー”もたくさん。呑める焼肉店

焼肉屋さんではあるのですが、”ツマミで呑むか”と言いたくなるメニューもたくさん。
一押しは「タンの煮込み」。
お箸でホグホグと優しくほぐれるまで煮込まれ、滋味あふれるところに添えられた柚子胡椒をちょっぴりきかせると、まあお酒も進んじゃいますよね。スルスルと。

「ハラミおろしポン酢」もいい。
外は香ばしく、中はジューシーにレアに焼き上げられた厚切りハラミに、自家製ポン酢とたっぷり大根おろしがオン。
メイラード反応って聞いたことありますか。
糖とアミノ酸が加熱によって結びつく反応のことで、食材が香ばしくなり、茶色に色づくのですが、レアな部分との組み合わせで、お肉の本来の甘さが引き立つ、素晴らしい香ばしさなんです。

輸入牛タンも、絶妙な包丁の入れ方で味もぐんとアップ!

心も体もウォームアップしたところで、もちろんお肉も外せないわけですが。
基本、国産黒毛和牛A5ランクに拘ったお肉のなか、私が大好きな牛タンは、輸入ながらもしっかりとしたクオリティです。今、国産のいい牛タンの値段って、ありえないくらい急騰しているのですよ。日頃から気軽に食べるのであれば、輸入牛タンでも十分。要は部位と切り方。筋張っているタン先だって、包丁の入れ方次第で立派な一品になることは、これまでご紹介してきたお店でも証明済みです。

塩味か、タレ味か? その日のおすすめは店員さんに相談しよう

焼肉は塩味でもタレ味でも、どちらもその日のおすすめを店員さんに相談してみるのがいいかもしれません。あえてブランド、産地には拘らず、目の前の個体の状態をみて厳選しているお肉たち。その日に適したお肉は、現場の人がよくご存知なのです。

特別な日だけじゃない。日常遣いの焼肉店

サーロインのような”ガツン”としたお肉も、しっかり用意されています。
サッと焼いた後に卵をつけて食べるすき焼きスタイルは、“ご飯がすすむくん”です。
特別な日だけでなくとも食べられる美味しいお肉。そんな気軽さで、いつも私たちを迎えてくれるのが「ホルモン永秀」のいいところ。お腹いっぱい食べた後の、駅までのお散歩距離も含めて、良い塩梅なのです。

加藤紫織(かとうしおり)

加藤紫織(かとうしおり)

株式会社カリテ代表。証券会社、出版社勤務を経て、PR&コミュニケーション業務を中心とした(株)カリテを設立。ブランドやプロダクトPRのほか、英語、フランス語の通訳業務やMCも。プライベートでの肉好きが高じて肉コラムの執筆なども手がけるようになる。好きな部位は牛タン。愛犬の名前はタンタン。

ホルモン永秀ホルモン ナガヒデ

住所:
東京都渋谷区神泉町20-25
神泉QSビル 1F
TEL:
03-6427-0329
アクセス:
京王井の頭線神泉駅西口より徒歩3分
営業時間:
ランチ 12:00~15:00(Lo 14:30),ディナー 17:00~21:00(Lo 20:00) ※東京都の自粛要請などにより、営業時間は変更することがあります。
定休日:
年末年始
支払い方法:
カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可
URL:
http://nagahide.com

更新: 2021年4月18日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のRESTAURANT記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop