RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

夜の街で“夕暮れディナー”! 六本木「ラ・ブリアンツァ」| ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

六本木ヒルズの超人気イタリアン。六本木「ラ・ブリアンツァ」

“夜の街”ってイメージのある六本木で、夕暮れ時から楽しむディナー。六本木ヒルズのオフィスタワーを抜けたレジデンスにあるイタリアン「ラ・ブリアンツァ」。案内されたのは、眺めの良い窓辺の席。夕暮れがきれいなグラデーションを見せていたので、何よりもまず美味しいフランチャコルタを。 メニューのスパークリングワインのページにお気に入りの生産者「ウベルティ」を見つけたから、すぐにそれを。お店のソムリエと選ぶワインやオススメのペアリングも楽しいけれど、お気に入りのワインはどんなシチュエーションでも裏切らない。そんなお気に入りがいくつかあると、楽しみ方も広がるよね。

若い牡蠣から成熟牡蠣を食べ比べる冷前菜

冷たい前菜は、 成長違いの牡蠣3種とブッラータ、とり貝、ロザマリーナの3種盛り。牡蠣3種は、若い牡蠣から成熟した牡蠣までで、味の違いが伝わるようにとソースなど一切なく、剥いたままがお皿に。そのままで食べたら年寄りの牡蠣の旨みが強くて満足感がたまらない。若い牡蠣は、そのミルキーな味わいがフランチャコルタのしっかりとした酸味を適度に和らげてくれて、とっても好相性だった。3種盛り合わせのロザマリーナも、フランチャコルタとよく合った。南イタリアはカラブリア州の特産物として有名なロザマリーナは、生しらすを塩と唐辛子で漬け込んで熟成させる発酵食品。自家製だから塩気や辛さが抑えられていて、たいていは刺激で隠れがちになる旨みをしっかりと感じることができる、ワインにとてもよく合うロザマリーナだった。何でもかんでも自家製というのはどうかと思うけど、こういう自家製はとても楽しいし、嬉しい。

旬のホワイトアスパラのフリットには黒トリュフをスリスリ

暖かい前菜には、牛の内臓の煮込み。 これも穏やかな味わいで、なんとも品のよい内臓料理。 旬のホワイトアスパラは、薄く衣を付けて揚げた一皿。黄色が綺麗なミモレットがかかっていて、それだけでも気分は上がるのに、上から黒トリュフをスリスリ、スリスリ。この後の料理がなければお代わりしたかったし、これだけ食べていたい!

パスタは鹿肉ラグーのパッパルデッレ。自宅だと、基本的にはスパゲッティなどの細麺ばかりだから、 たまに外で食べる平麺は嬉しい。

むちちっと弾ける、ほうき鶏のカツレツ

「ほうき鶏」のカツレツ、 これ、身が弾けっぷりが凄い。こんなに弾けるムネ肉って初めて。ムネ肉だから淡白な味わいなんだけど、むちちっとした食感がすごくて鶏肉の奥深さにちょっと触れてしまった。 この後、シェフからのサービスで「ジビーフ」もちょっと頂いた。完全放牧の牛肉で、牛肉のイメージを大きく裏切る香りと味わい。放牧牛というと野生的なイメージを持ってしまうけれど、どちらかといえば素朴でチャーミングな印象。いわゆる“和牛”に興味はないけれど、 こういう牛肉は食べたいな。次回は牛肉をお願いしようっと。

時短営業とかで、レストランの楽しみ方もすこし変わってきたけれど、どんな時も楽しむ気持ちを持っていればいつだって楽しい。あらためてそんな気持ちになったディナーだった。次回も『夕暮れディナー』をたのしみに。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。25年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

ラ・ブリアンツァラ・ブリアンツァ

住所:
東京都港区六本木6-12-3
六本木ヒルズレジデンスC棟
TEL:
03-6804-5719
アクセス:
東京メトロ・都営地下鉄 六本木駅 徒歩7分
営業時間:
ランチ 11:30〜15:30・ディナー 17:00〜23:00 ※東京都の自粛要請などにより、営業時間は変更することがあります。
定休日:
なし
支払い方法:
カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、 電子マネー不可

更新: 2021年4月2日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のRESTAURANT記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop