RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

ほとんどがワンコイン! お腹にも懐にも暖かい。高円寺「塩ホルモン 獅子丸」|しおりんの行かねば損する東京の焼肉

焼肉ならば毎日でも食べられる! 焼肉好きが高じて肉コラムまで執筆するようになったPR会社社長の「しおりん」こと、加藤紫織さん。最上の焼肉を求めて、東京を東へ西へ。そんな“焼肉ビューティー”が注目する東京の焼肉店を紹介します。

鮮度抜群のホルモンが待っている! 「塩ホルモン 獅子丸」

換気が良く、長居を避けてさっさと食べて出ることもできるのが焼肉。

まさに今の生活様式にもぴったり、ということで、焼肉業界に参入するグループも最近増えています。今回ご紹介するのは、高円寺の駅近、「塩ホルモン 獅子丸」さん。鮮度抜群のホルモンをウリにされています。

見た目にも綺麗なプリプリホルモンたち。一押しは定番の脂付きWホルモン。片面にじっくりと火を通して仕上げに脂面を炙って仕上げると、外はカリッと中はジューシーなホルモンの出来上がり。焼き過ぎちゃうのは勿体無いので要注意ですヨ。

 

何を食べても美味しい、そして、ワンコイン!!

お肉メニューは、ホルモン以外にもギアラや丸チョウ、上ミノ、リードヴォーにハラミにハツと充実しているのですが、なんといっても特筆すべきはそのお値段! ほとんどのメニューが500円なのです。日本ってすごい。こんな新鮮なホルモンが500円なんて! 余談ですが、以前フランスに住んでいたとき、どうしても牛タン塩焼きが食べたくて市場で買ったんですよ。周りに脂と皮がついたまんまの牛タン。トリミングして中だけ食べればいいかなあ……って、甘かったです、自分。お肉って、どこの部位も屠殺方法もそうなんですけど、洗ったり下処理がとっても大切で。臭みのない新鮮ホルモンにワンコインでありつけるこの環境の素晴らしさ! 感謝感激です。

締めメニューも充実! 少人数&短時間の忘年会に最適

獅子丸さん、一品メニューも充実しています。

人気のホルモン煮込みは数時間かけて煮込まれて、じーっくりと味が染み込んでいます。意外なのはちくわ。店名考えて、なるほど、の一品。あのアニメからですよね、きっと。オーナーさんが好きなアニメだったりするのでしょうか。そのままでも炭火で炙っても、おつまみとしては結構優秀です。

さらには締めもバラエティに富んでいます。ごはんの温度でとろーりとしていく様が最高な牛トロ飯、ホルモン屋ならではの黄金コンビのホルモン焼きそば。ほとんど野菜が入っていない潔さも素敵。さらに最近登場したのが、煮込みラーメン(冬季限定)。コクっとした旨みがほとばしります。寒くなってきたので、汁そばも沁みますね。

新年会の集まりも厳しい昨今ではありますが、顔を直接合わせる時間もやっぱり大切なものです。十分に気をつけながら、さくっと少人数で、短時間勝負な気軽な会はいかがでしょう。

加藤紫織(かとうしおり)

加藤紫織(かとうしおり)

株式会社カリテ代表。証券会社、出版社勤務を経て、PR&コミュニケーション業務を中心とした(株)カリテを設立。ブランドやプロダクトPRのほか、英語、フランス語の通訳業務やMCも。プライベートでの肉好きが高じて肉コラムの執筆なども手がけるようになる。好きな部位は牛タン。愛犬の名前はタンタン。

塩ホルモン獅子丸シオホルモンシシマル

住所:
東京都杉並区高円寺南4-24-4
TEL:
050-5590-4582
アクセス:
JR中央本線 高円寺駅南口より徒歩3分
営業時間:
17:00~翌3:00(L.o翌2:00) ※東京都の自粛要請などにより、営業時間は変更することがあります。
定休日:
月曜日 ※祝日の場合は火曜日
支払い方法:
カード不可・電子マネー不可

更新: 2021年1月19日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のRESTAURANT記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop