RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

三軒茶屋からお引っ越し。池の上駅から徒歩0分「ペペ・ロッソ」| ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

伝統的だけど軽やかで楽しい。池の上「ペペ・ロッソ」

「伝統」というと、ちょっと重たくて退屈なイメージを持ってしまいがちだけど、今年、三軒茶屋から池ノ上に移転した『ペペ・ロッソ』は、伝統的だけれど軽やかで楽しいイタリアン。池ノ上駅から徒歩0分、通りからキッチンが丸見えのお店で、外から見るだけでもお店の楽しさが伝わってくる。お店に入って、スパークリングワインを飲みながら、ワインリストを眺める。手描きの装丁が素敵なワインリストで、こういうところの楽しさも嬉しい。

ベルベットのような一皿と、追熟柿と生ハムでスタート

選んだワインは抜栓をお願いして、料理のはじまりは「ベルッタータ」から。“ベルベットのように滑らかな”という意味の料理「ベルッタータ」は色々な素材で作られるのだけど、この日は「3種キノコのベルッタータ」。茶色や黄土色と、見た目に地味な一皿だけど、シーズンのキノコを存分に満喫できて嬉しい。それぞれのキノコの名前も聞いたけど、覚える間もなく完食。笑

大きくてしわくちゃな柿と生ハムが運ばれてきた。大きな柿を干し柿のように干さずに追熟したものだそうで、しわくちゃな柿からは想像もできないような鮮やかで艶やかな柿色の果肉がとろける。加熱するジャムとは違い、鮮やかな色でほのかな酸味が生ハムにもよく合う。聞けば、この生ハムもイタリアのメーカーに、お店のオリジナルのレシピで作ってもらっているものだそう。伝統への敬意がよく表れている一皿だな。

カエルに豚に小鳩に、テーブルは大賑わい!

数日前から食べたくて、夢にまで出てきたカエル。その思いが叶って、パスタはカエルだった。 淡白だけど旨みがしっかりとあるカエル肉に、リゾーニという名前の米粒状パスタが良く合う。このパスタ、見た目はほとんどお米だけどツルッとした食感で、スルスル通る感覚はパスタ。カエル料理には欠かせないパセリもしっかり。色も形もユニークなお皿に盛られていたけど、この料理にはこのくらい主張のあるお皿が似合うね。

鼻から煙を吹き出しながら、可愛らしい豚がやってきた。豚の容器を開けると、中にはこの日のメイン、小鳩のローストが。古代ローマ時代、当時の貴族が食べ飽きている“豚の丸焼き”の中から「鳩の丸焼き」が出てきた、という話があるんだけど(「トリマルキオの饗宴」サテュリコンより)、それを思い出させる愉快な演出の一皿。鳩肉の緻密な味わいはもちろん、内臓もそれぞれに調理されていて、演出から味わいまで大満足。

キャンティ・クラシコを名乗れないけど、エレガントなワイン

そうそう、この日選んだワインは「フレスコバルディ キャンティ・ルフィーナ 2016 リゼルヴァ」。日本では“キャンティ・クラシコ”(黒い鶏マークの付いたもの)が有名だけど、キャンティ・クラシコとは異なる地域で、キャンティを名乗れるワインがいくつかある。ルフィーナはそのうちの1本で、他のキャンティに比べてエレガントなワイン。牛肉を豪快に焼いた料理なんかはキャンティ・クラシコが良いけれど、このルフィーナを飲む時はすこしデリケートな料理でいただきたい。それこそ、鳩肉との相性はとても良かった。何度も飲んでいる好きなワインだけど、丁寧なサービスでいただくと、味わいがより鮮明になってますます好きなワインになった。しっかりとした伝統や技術があるけれど、重くもなく、退屈でもない、軽やかなイタリアン。やっぱりこういうイタリアンが楽しい。

追記。こちらのお店の「パンの入れ物」にも注目してほしい。地味な柄の布製パン袋……なんだけど、 僕が住んでいたウルビーノ近郊の町・カルペーニャの「Stampa a ruggine」という伝統工芸。高価な染料などを入手できない人々が、農具の“錆”を使って布を染めたのが始まり。こんな懐かしいものに出合えたところも嬉しい夜でした。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。25年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

Pepe Rosso ペペ・ロッソ

住所:
東京都世田谷区代沢2-46-7
エクセル桃井 1F
TEL:
03-6407-8998
アクセス:
京王井の頭線「池ノ上駅」から徒歩0分 ・小田急線「東北沢駅」から徒歩7分・「下北沢駅」から徒歩8分
定休日:
日曜日と第1月曜日
営業時間:
ランチ:11:00〜16:00(15:00 L.O)/ ディナー:18:00〜23:00(22:00 L.O)
支払い方法:
カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) / 電子マネー不可
URL:
https://www.peperosso.co.jp/

更新: 2020年11月29日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のRESTAURANT記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop