fbpx

RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

ホルモンから肉塊までをリーズナブルに!「赤身とホルモン焼のんき」|しおりんの行かねば損する東京の焼肉

焼肉ならば毎日でも食べられる! 焼肉好きが高じて肉コラムまで執筆するようになったPR会社社長の「しおりん」こと、加藤紫織さん。最上の焼肉を求めて、東京を東へ西へ。そんな“焼肉ビューティー”が注目する東京の焼肉店を紹介します。

“その日の美味しいものを!”というお得な丸投げメニュー

一気に寒くなってきました。お風邪など召されていないでしょうか?
普通の風邪だとしても、具合が悪いとはなかなか言いづらい今日この頃。
とにかく体調管理が何よりも大切なので、こんな時こそスタミナをつけましょう!
ということで、お肉の出番です。

ご紹介するのは、「赤身とホルモン焼 のんき」さん。

焼肉屋さんらしく自分で焼くお肉のほか、お店の方が炭火で焼き上げてくれる塊肉も絶品のお店です。それぞれ単品でオーダーも可能ですが、筆者はいつも「店長厳選の黒毛和牛と牛ホルモンの満腹コース」を注文しています。おつまみ、お野菜、ホルモンや塊肉と、いいところ取りのうえに、締めまでついてなんと5,000円。要はお店にお任せして、その日の美味しいものをください、という丸投げメニューなのです。

色とりどりのホルモン9種盛りはまるでアクセサリー

キムチやナムルなどから始まり、煮込みからユッケまでおつまみも充実。

こちらのもつ煮込み、塩煮込みが添えられたタレにつけて食べるのですが、臭みのないホルモンの優しい風味にタレの酸味とスパイスが掛け合わされるのが、またオツなのです。

店名が赤身とホルモン焼というくらいですから、もちろんホルモンは自信作。

色とりどりのホルモンが並ぶ9種盛りの様子は、まるでアクセサリーのようじゃありませんか。少しずつ、いろんな部位をいただけるのも、コースの醍醐味です。

名店「肉山」のレシピも!

最初に塊肉を箱に入れて披露してくれるのですが、それぞれの部位は、お店の熟練技術で丁寧に焼き上げられ、カットされて運ばれてきます。このレシピ、もともとは肉好きたちが崇める吉祥寺の名店「肉山」のもの。「肉山」オーナーの光山さんプロデュースのメニューなのです。予約困難店のレシピまでいただけるのも、また魅力的です。

”超炭酸氷結レモンシリーズ”でコースもスイスイ

ちなみに、美味しいお肉とくればお酒も欠かせない筆者なのですが、最近はその飲み口の軽さと健康にも配慮して、ハイボール贔屓。蒸留酒の方が翌日に響かないような気がするのですね。気のせいかもしれませんが……。

こちらのお店でのお気に入りは、”超炭酸氷結レモンシリーズ”。サワーかハイボールかから選択可能ですが、氷と一緒に凍ったレモンが入っているので、時間が経過しても味が薄くなりにくく、レモンがしっかりと主張し続けます。中身だけの継ぎ足しも可能で、変化する味わいを楽しむのも良いのです。お肉の脂がお腹にこたえ始める中盤には、レモンの爽やかさが最大限に効いてきます。

店内にはたくさんのサインが所狭しと残されています。タレントさん、歌手、お笑い芸人、漫画家さんまで、多くのジャンルの方々のもの。知っている人がいないか探してみてはいかが。

のんきさんは、今回ご紹介の赤身とホルモン焼のほか、ホルモン串焼をメインとした「もつ焼のんき」、たれ焼肉の「たれ焼肉のんき」、鳥料理の「鳥焼のんき」などグループ展開しています。「さあて、今日はどの気分?」と、系列店を制覇してみるのも楽しみ方の一つです。

加藤紫織(かとうしおり)

加藤紫織(かとうしおり)

株式会社カリテ代表。証券会社、出版社勤務を経て、PR&コミュニケーション業務を中心とした(株)カリテを設立。ブランドやプロダクトPRのほか、英語、フランス語の通訳業務やMCも。プライベートでの肉好きが高じて肉コラムの執筆なども手がけるようになる。好きな部位は牛タン。愛犬の名前はタンタン。

赤身とホルモン焼のんきアカミトホルモンヤキノンキ

住所:
東京都新宿区舟町12
ミルボレー四谷1F
TEL:
03-6457-7716
アクセス:
都営新宿線曙橋駅より徒歩4分、地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩5分
営業時間:
月~金:18:00~翌3:00(L.O.2:00)、土・日・祝:16:00~0:00(L.O.23:00)
定休日:
不定休
支払い方法:
カード可 (Diners、VISA、Master、JCB、AMEX)・ 電子マネー不可
URL:
http://next-gf.com/shops/#akami

更新: 2020年11月12日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop