fbpx

RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

特別編 レストランを応援しよう! テイクアウトで#おいしい応援| 山脇りこの「行かねば損する東京のビストロ」

ビストロってなんだろ? フランスで言うところの、気楽に食べて飲める、日常づかいのお店。語源はパリにいたロシア人が「ビストロ(早く!)」と言って、料理を急がせたからという説も……。肩ひじ張らずに、食べて飲んで、幸せになる、そんな東京のビストロを、ヴァンナチュール好きの料理家、山脇りこさんがご紹介します。

私流 テイクアウトの心得 

Stay Home、みなさま、どうすごされていますか?

レストランに行くのが難しくなって、私は日々、あの楽しかった時間を反芻しています。なんでもないことが、ありがたかったなー、と。どれだけの元気をもらったことか、と。

そこで、今回のイカソン(行かねば損する東京の)@ビストロでは、素直に応援の気持ちをこめて、フレンチを中心にテイクアウトをご紹介しようと思います。レストランが大変→仲卸さん、問屋さんが大変→生産者さんが大変、という中で、自分の店のためのみならず、仲卸さんや生産者さんのためにも、売り上げをゼロにはできない、と頑張っている店もあります。海外のように、スタッフを解雇したくない、とふんばっている店もあります。オーナーシェフに話を聞くと、みんな自分以外の人の心配ばかり。

そんなことに思いを馳せつつ、私は3つのことを守っています。

1.   現金で購入する(高価なテイクアウトでも)。

2.できるだけ店に負担をかけない。持ち帰りのバッグや、必要なら保冷材などを準備します。

3.おいしかったら、紹介しよう。Facebookでも、インスタでも、友達にLINEでもいいと思います。私はインスタグラムでは#おいしい応援として、テイクアウトを応援しています。

さしずめ、今日は3!です。
※お店の事情も日々変わります。こちらの情報も事前の確認をお願いします。

 

「レストラン アニス」(初台) 肉焼きの名人・清水将シェフの料理をStayHomeで

サラダはまず厳選された野菜で。広島の梶谷農園さんなど

はじめて伺ったのはopen間もないころ。とにかく野菜が! 美しくしっかりした味で、感動したのを、今でもよく覚えています。その「アニス」名物のサラダもテイクアウトできるそう。もちろん、清水シェフは、「肉焼きの名人は?」と聞くと、多くのシェフが名前を挙げる人。おいしい肉もぜひ。
http://restaurant-anis.jp/

テイクアウト情報はFBがいいです。こちらからメニューなど確認してください。https://www.facebook.com/pg/RestaurantAnis/posts/?ref=page_internal

レストラン アニス
東京都渋谷区初台1-9-7-1F
TEL:03-6276-0026

「シャントレル」(代々木上原・代々木八幡)

ミシュラン★の名店。次に伺って、イカソンで書こうと決めていたのですが……

中田雄介シェフは、フランス・リヨンから車で2時間半ほどの山の中にある名店、ミシュラン3★でもある、「Regis et Jacques MARCON(レジス エ ジャック マルコン)」で修業されていた方。抜群の素材で、丁寧につくられる本格フレンチを、お家で。予算を伝えておつまみセット!も叶います。

https://chanterelle.jp/
テイクアウト情報は、HPから、インスタグラムやFBで。

シャントレル
東京都渋谷区元代々木町24-1
TE L:03-5465-0919

「シンバ」(東銀座、新富町) イカソンでも取り上げた菊地シェフの、シンバです

メニューは日々変わります。ご近所や通り道なら、なんとラッキー

わいわいにぎやか、これぞビストロの楽しさ! といつも幸せにしてくれる「シンバ」。テイクアウトメニューもいろいろ変化があって、飽きることなく楽しめます。シンバ―イーツ?的な、配達も一部の地域に向けては行っているそう。

テイクアウト情報は、シェフのFBが充実しています。

http://bistrosimba.jp/index.html#news
https://www.facebook.com/bistrosimba/?__tn__=%2Cd%2CP-R&eid=ARA2m-RsItnJ9BL30e7Upwl0cdQUiwCYdfd4eR_UhIagqJnqFlVkpjuGfTctVvyD5AZ6Dnrp0rg578xQ

ビストロ シンバ
東京都中央区銀座1-27-8
TEL:03-6264-4218

「ペタンク」 山田武志シェフのペタ弁! サイコーです

こちらはスペシャルトッピング付き。みんな大好きペタンクのうふマヨはすべてにのってます。

いやー、本当においしくってびっくり。ここ数年のカレーで一番の“やみつき度”。シェフも「ちょっと癖になるカレーにしたいな、と思って」と。ええ、癖になります!

通常の営業はお休みでお渡しのみ。店内にはひとりだけが入って、順に。

メニューは江戸の味噌とスパイスが効いたキーマカレー、一択。これには思いがあります。「いつもコンビニやお弁当屋さんで買って帰る方が、時々目先を変えて、今日はあれにしよう! って気軽に思い出してくれたらいいなと思って」と。長引きそうなお篭り。一人暮らしの方も多いこのエリア。お値段も1,100円! シェフには、常連さんの顔がいくつも浮かんでるんだなーと思いました。愛だ。

ランチ用のピックアップも可能です。営業時間曜日は確認してください。

↓シェフのインスタが確実です。
https://www.instagram.com/takeshippp/
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13206743/

ペタンク
東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
TEL:03-6886-9488

「マプール」 超レア! ジュラ地方の郷土料理をテイクアウト

このまま食卓に出せる美しさ。マダムの心配りを感じます。夕暮れにこれでワインを。

なかなかない、フランス・ジュラ地方の郷土料理がいただけます。シェフがジュラ地方のミシュラン2つ星「ジャンポール・ジュネ」で修業されていたから。ジュラのワインが大好きな私はずっと目が♡でした。マダムもとってもチャーミング。実はGWに貸し切りをお願いしていて、ジュラ地方を堪能する会を予定していました……残念すぎます。

でも、あのスペシャリテ「伊達鶏骨付きモモ肉のヴァンジョーヌ香るクリーム煮込み」(3,400円)が家で食べられます。前菜も写真のように、かわいいカップ仕立て。トマトとパプリカのムース(ガスパチョ風) 1カップ(380円)や、ポロ葱とじゃがいものムース(ヴィシソワーズ風) 1カップ(380円)と、リーズナブルすぎる……アぺロにも。

http://ma-poule.tokyo/blog-2/masonry-blog/

マプール
東京都文京区西片2-19-17
TEL:03-3868-2518

「falo」 ツボ! がわかってるなと感じるメニューがずらり

ビーフシチューなどの煮込みも絶品。まとめ買いもおすすめです。

最後に、イタリアンだけど愛する名店を。炭火を囲むように並ぶテーブル、ここでどれだけ笑って、何回「おいしい」と言ったことか!

真空パウチでお持ち帰りできるミートソースやカレー、ハンバーグなど、ツボ! がわかっているテイクアウトに、むせび泣きます。もちろん、味はまちがいなしです。

ミートソースは、パスタにはもちろん、野菜を足したり、オムレツや蒸したじゃがいもにもばっちり。かりっと焼いた厚揚げにも。甘トウガラシを焼いて添えたら、それもとてもよかったです。

★テイクアウト情報は、インスタグラムがいちばん早いです。

HPにも。
https://falo-daikanyama.com/news/1267/
https://www.instagram.com/falo_daikanyama/



falò ファロ 
東京都渋谷区代官山町14-10 LUZ代官山B1
TEL:03-6455-0206


今、考えてみると、元気な業種ってなくて、みんな止まってしまっています。この先も不安。私は自分自身が食に携わっているからこそ、中でもレストラン、仲卸さん、生産者さんのことがとっても気になります。FOODPORTで、イカソンを連載中の仲間とレストランを応援する試みも始めました。

Cheer Up Restaurants! こちらもお読みいただけたら嬉しいです。
https://foodport.jp/news/45282.html

山脇りこ

山脇りこ

料理家。東京・代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。雑誌、テレビ、ラジオなどでも活躍中。「グルマン世界料理本大賞2014」で「昆布レシピ95」がグランプリ受賞。「明日から、料理上手」(小学館)、「いとしの自家製」(ぴあ)など著書多数。旅好きで、美味しいものがあると聞けば、どんなに遠くてもでかけていく、食いしん坊。http://rikoskitchen.com/

更新: 2020年4月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop