fbpx

RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

銀座最強のコスパ 銀座「焼肉とワイン 醍醐銀座店」|しおりんの「行かねば損する東京の焼肉」

焼肉ならば毎日でも食べられる! 焼肉好きが高じて肉コラムまで執筆するようになったPR会社社長の「しおりん」こと、加藤紫織さん。最上の焼肉を求めて、東京を東へ西へ。そんな“焼肉ビューティー”が注目する東京の焼肉店を紹介します。

焼肉界全体でインフレが起きている。もちろん、昔からの街の焼肉屋さんや価格破壊を売りにしている大型店などはあるものの、東京都内でちょっとおしゃれな、接待やデートに使える店は軒並み平均価格が高騰し続けているように思う。一人最低5万円から、というお店も1軒や2軒ではないのだ。

なかでも、毎年路線価の全国1位に輝き続ける街・銀座では、焼肉を食すのに諭吉さん1枚で済ませるのが難しい。ちょっとお高めのワインやシャンパンをボトルで入れようものなら、一体、諭吉さんが何枚になることか。そんな中、黒毛和牛を一頭買いしながらも、驚きの価格を実現している店がご紹介する「醍醐」だ。

このお店、都内を中心に数店舗を展開する焼肉グループ。そのグループ規模と企業努力とで、銀座では際立つコスパの良いメニューを展開している。

しっかり熟成したタンは外せない1品

コスパがいいからと言って肉質を甘くみてはいけない。松阪、近江、石見、仙台などの銘柄牛をその時々の状態に応じて仕入れ、さらにしっかりと熟成をかけている。なかでも私が何より愛してやまない牛タンは、30日熟成。ほどよく脂がのった軟らかい身を噛みしめるたび、じわっと滲み出る牛タンの旨みが癖になる、1日限定5食の霜降りタン塩は、ぜひとも食べてもらいたい一皿だ。もう少しさっぱり、という方は葱タンがおすすめ。個人的にはタンの旨みには、塩とレモンとネギが最強のパートナーだと信じている。

名物コールドステーキは今の時代の救世主

規制が厳しくなって以来、前ほどは生肉にありつくのが簡単ではなくなった。そこでちゃんと必要分の火を入れてはいるけれど、生肉の甘みと卵との絡みで気分はユッケ、なのがこちらのコールドステーキ。生肉の豊富なビタミンのおかげか、「コンスタントに摂取していると風邪をひきにくい」というのが私の持論。こちらのお店では必ずコールドステーキをいただいている。

これでもか! なボリュームにタジタジ

醍醐のありがたい点。繰り返しになるが、そのコスパ。飲み放題つきのコースが5,480円からあるのだ(飲み放題なしなら3,980円)。お給料日前だって、ちょっとリッチに焼肉食べちゃおうかな、と思える金額だ。ただ、このコースだとコールドステーキや美味しいタンが入らないので、最低でも5,000円、飲み放題つきで6,500円のコースあたりがオススメ。実際、来店するお客様の約半分がコースを頼まれるのだとか。こちらのコースだと、サラダやコールドステーキなど前菜的なメニューの後に、塩焼肉、タレ焼肉のプレートがやってくる。これがまた育ち盛りの若者にも対応できそうなボリューム。これまでにお連れした人で、量に難癖つけた人は一人もいない。

悪魔的なアレが待ち構えるコースの締め

そして締めだが、コースによるものの、トリュフの卵かけご飯が用意されている。そう、TTKG。お腹いっぱいでもうっかり手を出してしまう、悪魔的なアレ。たれ焼肉を1切れ、2切れ取っておいて、TTKGにオンするのもあり。

銀座で焼肉、思っていたよりも身近な存在だということを、これで気づいてもらえただろうか。

加藤紫織(かとうしおり)

加藤紫織(かとうしおり)

株式会社カリテ代表。証券会社、出版社勤務を経て、PR&コミュニケーション業務を中心とした(株)カリテを設立。ブランドやプロダクトPRのほか、英語、フランス語の通訳業務やMCも。プライベートでの肉好きが高じて肉コラムの執筆なども手がけるようになる。好きな部位は牛タン。愛犬の名前はタンタン。

焼肉とワイン 醍醐 銀座店

住所:
東京都中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビル7F
TEL:
03-6280-6188
アクセス:
東京メトロ銀座駅より徒歩1分、JR有楽町駅より徒歩5分
営業時間:
【月〜金】11:30~23:00(L.O. 22:30)*ランチタイムL.O.13:30、ディナータイム17:00オープン【土・日・祝】11:30~22:00(L.O. 21:30)*ランチタイムL.O.13:30、ディナータイム17:00オープン
定休日:
なし
支払い方法:
各種クレジットカード可
URL:
http://yakiniku-daigo.com/archives/shop_info/ginza/

更新: 2020年2月13日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop