fbpx

RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

日本の食材を使ったイタリアンを日本ワインで 代々木上原「QUINDI(クインディ)」|ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

代々木上原でイタリアンならば「QUINDI」へ

代々木上原は飲食店のレベルが高い。どこも雰囲気があり、昔ながらの商店にモダンな飲食店が馴染んでいて良い。代々木上原駅から徒歩で6分くらい、井の頭通りを越えてすぐの場所にある「QUINDI(クインディ)」は、2018年3月オープンのお店。入ってすぐにワインや食材の販売スペースがあるので、席数は少ないのかと思いきや、手前20席、奥20席となかなか広い。コンクリート打ちっぱなしのスマートな内装なのでカフェ的な内容と思われそうだけど、料理もワインもしっかりとしたイタリアン。日本の食材や日本のワインも色々揃えているから、イタリア人の友達と一緒に来るのも楽しそう。

仲良し会で盛り上がるブラインドテイスティングで!

この日は飲食店で働く友人たちとのランチだったので、一杯目の後はブラインド(目隠し)でワインをいただくことに。ブラインドテイスティングは難しそうって思われがちだけど、味だけではない楽しみを発見する機会にもなって面白い。当てようと思わず、感じたことを言葉にするトレーニング。仲良しとの会だとこうした遊びは盛り上がるよね。

真鯵のマリネにはシチリアのインソリア

さて、一皿目の料理は「真鯵」。長崎産の真鯵をマリネして、焼きリンゴのペーストと。アクセントとして添えられたクルミの香ばしさとケイパーの酸味がまた良い。これならば合わせるワインはフルーティなものかなと想像しつつ、出てきたワインをひと口。思ったよりもしっかりとした印象だったので、北イタリア(フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州)のピノ・グリージョ品種かな……と予想しつつ、答えを尋ねると「シチリアのインソリア」だって! うん、そうきたか。インソリアはシチリアやトスカーナあたりで作られるブドウ品種で、フルーティだけど旨みもしっかりあるのが特徴。生の魚介との相性も良いし、このお皿だとリンゴの甘さにも好相性。料理もワインも納得の味。

イカスミパスタには日本のワイン「ボーペイサージュ」を

二皿目は「イカスミのパスタ」を。僕は「夏のイカ」の甘さよりも「冬のイカ」のキレある味が好き。イカスミはしっかりとした旨みがウリだけど、魚介の旨みなので余韻が短くて飽きが来ないから、ボリュームあるパスタもすんなり完食でした。こちらに合わせたワインもブラインドで……。イカスミ合わせだからヴェネト州あたりのワインかなと思いつつ鼻をグラスに近づけると、野菜的な香りも少しあり、味わいに旨みも感じたから、トスカーナのボルゲリ辺りで品種はカベルネ・フランと予想。答えは予想を遥かに越えて、山梨のメルロー。ボーペイサージュのワインは何度か飲んでいるけど、ブラインドだったから日本ワインという先入観もなかったし、今までで一番楽しく飲めた。良い意味で日本のワインっぽさがなくてイタリアンにも好相性でした。日本も良いワイン造ってるな……。

これからの東京のイタリアンの方向性

レストランの楽しみ方はたくさんあって、ただ単に美味しいだけではもったいない。 この「QUINDI」のように、しっかりとした料理人とソムリエがいれば「日本の食材を使ったイタリア料理」や、「日本のワインでいただくイタリア料理」 といった新しい楽しみの提案があって良いと思う。これからの東京のイタリアンは 、こうしたお店がもっと注目されてくのだろうな。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。25年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

QUINDIクインディ

住所:
東京都渋谷区上原2-48-12 1F
TEL:
03-6407-0703
アクセス:
小田急小田原線、東京メトロ千代田線代々木上原駅 徒歩6分
営業時間:
ランチ:11:30~L.O.14:00、ディナー:18:00~L.O.22:00
定休日:
水曜日(2020年2月より定休日なし)
支払い方法:
各種クレジットカード可
URL:
http://www.quindi-tokyo.net/

更新: 2020年1月24日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop