fbpx

RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

近所にあると嬉しいイタリアン 豪徳寺「Teatro Acca(テアトロ・アッカ)」|ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

豪徳寺駅から至近距離。原シェフの劇場イタリアン 「テアトロ・アッカ」

東京は広いから、電車に乗って、時には電車を乗り継いで、レストランに行ったりしますよね。でもね、パートナーと2人きりでの食事に電車移動っていうのも冷めるでしょ。そんな時、自宅から徒歩で行ける素敵レストランがあったら最高。なんて思っていたら、2年前に出来ました。自宅から徒歩で行ける素敵イタリアンが。

小田急線の豪徳寺駅(招き猫で有名な!)から徒歩1分。駅に近すぎて、知らなかったら通り過ぎちゃうほど。お店の名前は、シェフの原郁人さんの頭文字の「H:アッカ」に「テアトロ:劇場」で、「テアトロ・アッカ」(原劇場)。こぢんまりとした店内には、原シェフの趣味が垣間見えるような小物がちらほらあって、お店というよりも友人の部屋に来たみたい。

味、見た目、量のリズムが小気味よい「テアトロ・アッカ」のコース

この日のメニューは、もちろんシェフにお任せのコース。コースのスタートは、見た目にも美しいワンスプーン、「モッツァレラと水晶文旦、キャビア」。キャビアの塩気、柑橘の酸がモッツァレラをよりクリーミーに仕立てていて、ひと口だけど充実の一品。

続けて、 「生ハムのパンナコッタ」を。メロンのトロピカルな甘さと生ハムのスプーマがフランチャコルタの泡と相まって、気分を盛り上げる。

「テアトロ・アッカ」では、テンポよく小皿の料理が出されるのだけど、言うなれば、主役も脇役も、それこそ裏方までもが楽しそうな「劇場」。一皿一皿の量にもリズムがあって、パクっと勢いで食べてしまいたいものはごく少量に。ゆっくりじわじわと食べたいものはそれなりに。パスタでは、「チャルソンス」という餃子のような見た目の詰め物パスタが出た後に、ごく少量のひと口「トリュフのパスタ」(ふた口食べたら後悔してしまうかも……なパスタ)が出たりする。そして、そのトリュフの香りでテンションがMAXになってからの「渡り蟹のパスタ」! 先ほどまでのテンションとはガラリと変わって、無言で蟹をほじる……。味、見た目、量のリズムがおもしろくて、それがいかにも劇場的。

そして、パスタの後に出て来た「大葉のリゾット」がこれまた秀逸。こちらのリゾット、ぜひとも食べてもらいたい。お米は7年熟成のイタリア米を使っていて、噛み締める度に旨みが出てくる、まさに滋味深い味わい。お米って熟成させると、粘り、ツヤ、香りは減るけれど、旨みや食感が増すんです。日本では“新米信仰”が主流だけど、イタリアのこうしたお米も知ってもらえたら楽しいと思う。

「原劇場」でいただく「交響曲」という名のワイン、「シンフォニア ビアンコ」

この日のワインは プーリア州発祥のグリッロ種(現在はシチリア州の土着品種)の白ワイン 「シンフォニア ビアンコ(アレッサンドロ・ヴィオラ)」を。このグリッロは、暖かく乾燥した土地に適した品種で、甘口のマルサーラ酒なんかにも使われるブドウ。そのグリッロで造られた「シンフォニア ビアンコ」は、栗の樽で熟成されたトロピカルで甘やかな香りと、ほのかに香るハーブ、要所要所を引き締める僅かなタンニンが飲んでいて楽しい。まさに、「シンフォニア:交響曲」というワイン名にふさわしい。

料理とワインのペアリングは色々あるけれど、「原劇場」でいただく「交響曲」。そんな名前のペアリングもおもしろい。色々食べて飲んで、帰りは徒歩。せっかくなので、食事の余韻を楽しみつつ、散歩をしながら家へ……。

近所の素敵なイタリアンって、よいですね。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。25年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

Teatro Accaテアトロ・アッカ

住所:
東京都世田谷区豪徳寺1-49-2-101
TEL:
03-6413-1092
アクセス:
小田急線豪徳寺駅より徒歩約1分
営業時間:
ランチ12:00〜13:30 クローズ15:00、ディナー18:00〜21:30 クローズ24:00
定休日:
火曜日(水曜日はディナーのみ)
支払い方法:
8,000円以上で各種クレジットカード可
URL:
https://teatroacca.business.site/

更新: 2019年12月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop