RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

レトロな商店街に馴染むピッツェリア 祖師ケ谷大蔵「アオジ・ソシガヤ」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

ウルトラマン商店街を通ってたどり着くお店

小田急線沿いの祖師谷大蔵には、ウルトラマン商店街と呼ばれる南北に3キロメートルの長い商店街がある。半世紀以上もの歴史がある商店街で、いまだに雑誌屋や靴屋なんかもあってところどころ懐かしい。この懐かしくも賑やかな商店街の終わりに、ピッツェリア「アオジ・ソシガヤ」がある。商店街の終わりで、団地のアーケード商店街の入口にあるのだけど、こちらのアーケードも肉屋に八百屋にお茶屋にと、ウルトラマン商店街よりも懐かしい趣き。お店はオープンして今年で8年目とけっして古いお店ではないけれど、モダンではない。大正末期のアンティークの古き良き世界観のせいか、周りとの違和感もなくて、ずっとここで焼いてましたよって雰囲気。この懐かしさが、薪の香りと抜群に合う。 こちらのお店はさくっとピッツァよりも、前菜をつまみながら、のんびりワインがいい。

ワインと一緒に必ず食べたい「切り干し大根入りのキャロットラベ」

この日は連休中ということもあって頼めなかったメニューもあったけど、定番の「切干大根が入ったキャロットラペ」は欠かせない。切り干し大根のいわゆる“ひなた臭さ”が苦手で普段は食べいとは思わないのに、こちらのものはオレンジの酸味が効いていて、とても好み。続けて、「自家製豚肉の田舎風パテ」「しらすと生のりのフリット」「オリーブアスコラーナ」もお願いして、ワインをいただく。「アオジ・ソシガヤ」では日本で造られたワインが色々とそろっているので(もちろんイタリアワインもあるけれど)、たまには日本のワインも飲んでみようかと。この日は、北海道は札幌の藤野ワイナリーのラ・メール(白)を。ミュラートゥルガウ種、ケルナー種などで造られたとてもクリーンでドライなワイン。ミュラー・トゥルガウというブドウ品種は、トゥルガウ出身のミュラー氏によってドイツで開発されたブドウで、日本では北海道を中心に寒い地域での栽培が盛ん。栽培する土壌や気候に鷹揚で、比較的安易に栽培できる品種と言われている。普段はイタリアワインばかりなので、日本のワインを選ぶときにはこういった品種のワインを選ぶと間違いがない。

たまには日本ワインとジャポネーゼなピッツァを

昼からのワインでほどよく気持ち良くなったところで、締めにピッツァを。ワインも日本のものを飲んでいたし、いつもは頼まないジャポネーゼなピッツァにしてみた。「筍と豚こま肉 木の芽、たまり醤油と青唐辛子風味のピッツァ」は、普段まったく和食を欲しないのだけど、 数日前に筍をいただいて食べた時、大好きなイタリア野菜「カルチョーフィ」を彷彿させる味わいに大喜びしたので、ついつい……。筍の歯切れ良い食感とほろ苦い味わいに、スッと抜ける木の芽の香り。適度に脂が落ちた豚肉の脂分が、青唐辛子のキレの良い辛さで全体を心地よく引き締めてくれる。締めのつもりが、むしろ胃が活性化されてしまい……続けてもう一枚。ピッツァは注文してから提供までの時間が短いので、こんな時にはなんとも都合が良い。あらためて締めの一枚は、「春キャベツとツナ、ケッパーのピッツァ」を。ツナにケッパー、春キャベツと大人しい食材がのったピッツァだけれど、 けっして物足りなさはなくて、むしろこのやわらかな香りが最高の余韻に。オーナーの後藤繁則さんは、本当はもうすこし都心に近くてアクセスの良い場所でやりたかったと話をしていたけれど、この場所で良かったに違いない。都心から離れた駅の、長い商店街を抜けた先だからこそのピッツェリア。こんな穏やかなイタリアンも、イタリア人のよろこぶ東京のイタリアンに違いない。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。24年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

アオジ・ソシガヤ

住所:
東京都世田谷区祖師谷2-4-7 ケヤキロード祖師谷1号
TEL:
03-6411-9676
アクセス:
小田急線祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩8分
営業時間:
水曜17:30~24:00(23:00L.O.)、木・金・土・日・月曜12:00~15:00(14:00L.O.)/17:30~24:00(23:00L.O.)
定休日:
火曜日
支払い方法:
カード不可
URL:
http://aogisosigaya.com/

更新: 2019年5月15日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop