RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

漁師が腕を振るう赤坂の南イタリア料理店 赤坂「La scogliera(ラ・スコリエーラ)」|ハヤシコウの「行かねば損する東京のイタリアン」

日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。

大きなテラス、大きな窓が気持ちいい店

南イタリアのソレント半島に、「ロ・スコーリオ」という名レストランがある。世界遺産に指定される美しい海岸にあり、目の前の海で獲れた魚介を楽しむレストラン。

そんな「ロ・スコーリオ(岩)」が大好きで、家族同然に親しくされている深澤菜月さんがオーナーのお店が赤坂にある「ラ・スコリエーラ(岩壁)」。オープンする際に、「スコーリオ」という名前をつけても良いよとの話もあったそうだけれど、『ロ・スコーリオ』のあるネラーノ村の岩壁の風景と、船長が生まれた八丈島の岩壁の風景がそっくりだったので、"八丈島の魚で本物の南イタリアンを"の思いを込めてこの名前にしたそう。

赤坂と青山の中間にあるお店なので、目の前に海はないけれど、大きなテラスと、大きな窓からたっぷりの日差しが入る店内は、それこそ南イタリアの海沿いレストランのよう。

超レア! 漁船を持っているイタリアン

こちらのレストランの厨房には、八丈島出身の漁師でもある「第3友喜丸」の“船長”が腕を振るっている。新鮮な魚介をテーマにするお店は多いけれど、漁船を持っているイタリアンはあまり聞いたことがない。

レストランに行くと、普通は席についてメニューを見るけれど、この店ではまず、店内中央の氷の生け簀に並べられた魚を見て選ぶ。それこそ、“目があった”魚を好みの料理にしてもらう。

「魚選び」は、ちょっとハードルが高く感じるけれど、けっこう盛り上がるので、必ずやったほうがいい。ちなみにこの日は、パッと目のあった金目鯛をアクアパッツァにしてもらうことに。

メインの前の「ラ・スコリエーラ」でのトリセツ

メインの魚を決めたら、それに向けて前菜やパスタを考える。今が旬のボタン海老は生で。イタリアンなので、もちろんオリーブオイルでいただきます。上質のオリーブオイルは、魚の個性を引き立たせる。サマードレスのようなオリーブオイルを着せることで、味わいの輪郭が美しく見えてくる。

続くパスタは、イワシとフェンネルのブカティーニ。よくあるメニューだけれど、飽きずに食べさせるのは、案外難しい。イワシの脂がそのままだと単調になるところを、フェンネルの爽やかさと、サフランのリッチな香りが、要所要所を締めていてよい。

魚まるごと一匹の楽しみ方

軽くお腹が満たされたところで、本日のメイン「金目鯛のアクアパッツァのリングィーネ」が登場。魚一匹を使った料理は魚の身だけでなく、頭や骨から出るスープまでをしっかりといただけるところがなによりよい。

スープはパンに浸して食べてもよいけれど、パスタを入れたっていい。この日は、スープをソースにしてパスタと一緒に。食べるのが面倒な魚の頭も、脳天、頬、唇、目のまわりと色々な味や食感が楽しい。これも魚一匹使った料理の楽しみ。

前菜とメインの魚に合わせるイタリアワイン

この日のワインは前菜やパスタに合わせて、シチリアの地葡萄「カタラット」が主体の白ワインを。このワインはエチケットのイラストからして、魚介なイタリアンにふさわしい一本。「CRUDO:生」の名前のとおり、ほんのり柑橘系の香りとちょっと塩気を感じる味わいが、生の魚に好相性。

続いて、金目鯛に合わせるのは、軽い赤ワインに。魚料理には白ワインと思われる方も多いけど、ロゼや、軽めの赤ワインともよく合う。若葉の爽やかな香りの、これまたシチリアの地葡萄「フラッパート」の赤ワインを。

都心にある、海辺のレストラン。魚好きな人にはぜひとも行ってほしい。魚の愉しみ方がきっと広がります。

ハヤシコウ

ハヤシコウ

株式会社ミズコルビノデザイン 代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後、都内ワインバー勤務の後、2005年ミズコルビノ・デザイン設立。24年にわたりイタリアと日本を往復する中で培ったイタリアへの造詣を生かし、東京のイタリアンを中心に国内外の店のロゴやマーク、内装デザイン、メニューの監修などを手掛ける。2018年、「サルメリア69」の新町賀信氏と共に一般社団法人おいしい生ハム普及協会設立。

La Scoglieraラ・スコリエーラ

アクアパッツァのご注文はなるべく3日前までのご予約をお願いします。

住所:
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティB1
TEL:
03-3586-8989
アクセス:
東京メトロ青山一丁目駅より徒歩8分、赤坂見附駅より徒歩8分、赤坂駅より徒歩9分
営業時間:
平日/ランチ11:30~14:00(L.O.)、ディナー18:00~21:30(L.O.) 土・祝/ランチ12:00〜14:00(L.O.)、ディナー18:00~21:30(L.O.)
定休日:
日曜日
支払い方法:
クレジットカード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
URL:
http://la-scogliera.com

更新: 2019年4月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop