PEOPLE

食に携わる注目の人物をインタビュー

  • 料理を支える「和」の食材|WA Theater Restaurant 食の劇場×日本の水と空気

    料理を支える「和」の食材|WA Theater Restaurant 食の劇場×日本の水と空気

    人気レストランとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」の第3回。前編では、異国の地・香港で勝負する「WA Theater Restaurant 食の劇場」の長屋英章シェフの「日本の水と空気」について紹介しました。果たしてそれがどのように料理されるのか……後編でお伝えします。

  • 料理を支える「和」の食材|WA Theater Restaurant 食の劇場×白神山美水館・奥井海生堂

    料理を支える「和」の食材|WA Theater Restaurant 食の劇場×白神山美水館・奥井海生堂

    人気レストランとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」。第3回で紹介するのは、香港の「WA Theater Restaurant食の劇場」です。愛妻と猫と共に日本から引っ越した長屋英章シェフが、異国の地で欠かせないという「和の食材」について伺いました。

  • シェフの必需品|銀座|「六雁(むつかり)」秋山能久 ~後編~

    シェフの必需品|銀座|「六雁(むつかり)」秋山能久 ~後編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や、道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回は、銀座の日本料理店『六雁』の秋山能久総料理長です。 「料理人は表現者」と語る秋山さんが作るのは、伝統と革新を合わせた日本料理。使う道具や器ひとつひとつにも、秋山さんの熱い想いが表現されていました。3つの必需品とともに、多くの客を魅せ続ける理由を探ります。

  • シェフの必需品|銀座|「六雁(むつかり)」秋山能久 ~前編~

    シェフの必需品|銀座|「六雁(むつかり)」秋山能久 ~前編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。 今回は、臨場感あふれるフルオープンキッチンから”魅せる”日本料理で多くの客を魅了し続ける、銀座『六雁(むつかり)』の総料理長、秋山能久さんです。日本固有の伝統を継承しながらも、それに囚われすぎない自由な発想を組み合わせて表現される、全く新しい日本料理の数々。「伝統と、その先」を目指し続ける秋山さんが考える「料理人」に、そのルーツがありました。

  • 料理を支える「和」の食材|レストランひらまつ 広尾 × カネト水産 ~後編~

    料理を支える「和」の食材|レストランひらまつ 広尾 × カネト水産 ~後編~

    人気レストランのシェフとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」。第2回は、東京・広尾にある名門グランメゾンの「レストランひらまつ 広尾」の店主兼料理長・平松大樹シェフと、来年創業100周年を迎える広島の「カネト水産」5代目の佐藤弘常さんにお話を伺いました。広島県出身の平松シェフが広島の産地を訪問し、食材生産者のこだわりや想いを知ったことから、広島県にフォーカスしたガラディナーパーティ「想いをつなぐ食彩の夕べ ~食の宝庫 広島~」の開催となりました。後編では、平松シェフが披露した、瀬戸内の魚を使ったメニューや料理への真摯な想いについてお伝えします。

  • 料理を支える「和」の食材|レストランひらまつ 広尾 × カネト水産 ~前編~

    料理を支える「和」の食材|レストランひらまつ 広尾 × カネト水産 ~前編~

    人気レストランとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」。 第2回は、東京・広尾にある名門グランメゾンの「レストランひらまつ 広尾」の店主兼料理長で、広島県出身の平松大樹シェフと、来年創業100周年を迎える「カネト水産」5代目の佐藤弘常さんにお話を伺いました。 平松シェフが広島の産地を訪問し、食材生産者のこだわりや想いを知ったことから、広島県にフォーカスしたガラディナーパーティ「想いをつなぐ食彩の夕べ ~食材の宝庫 広島~」の開催となりました。故郷の素材を吟味し、初夏の恵みを味わう一夜限りのディナーでした。平松シェフの技により素材そのものの美味しさが活かされた料理の数々や、瀬戸内の魚の魅力と今後の展望について、前編・後編にわたり紹介します。

  • シェフの必需品|広尾|「Ode」生井祐介~後編~

    シェフの必需品|広尾|「Ode」生井祐介~後編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や、道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回は、広尾にあるレストラン『Ode』の生井祐介シェフです。前半では、軽井沢での修業経験やシェフご自身についてお伝えしました。後編では生井シェフの必需品であり、料理を支えている道具や自家製調味料を紹介します。

  • シェフの必需品|広尾|「Ode」生井祐介~前編~

    シェフの必需品|広尾|「Ode」生井祐介~前編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材を紹介していただく連載「シェフの必需品」。今回は、広尾にあるレストラン『Ode』の生井祐介シェフです。グレーで統一されたシックな内装、香りと食感にこだわる独創的なフレンチで、2017年のオープン以来瞬く間に話題となった『Ode』。前編では、生井シェフが、独特の世界観で客を楽しませるガストロノミーをオープンさせるまでの道のりをお伝えします。

  • 料理を支える「和」の食材|Ristorante HONDA × OSADA FARM ~後編~

    料理を支える「和」の食材|Ristorante HONDA × OSADA FARM ~後編~

    人気レストランとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」。2004年のオープン以降ミシュラン1つ星を10回獲得、『Ristorante HONDA』の本多哲也シェフに話を伺いました。前編では、生産者である長田さんと本多さんの出会いから、シェフこだわりのオリジナル地鶏の開発秘話についてお伝えしました。後編では、地鶏の調理方法と料理を紹介。また、シェフの今後の展望についても伺いました。

  • 料理を支える「和」の食材|Ristorante HONDA × OSADA FARM ~前編~

    料理を支える「和」の食材|Ristorante HONDA × OSADA FARM ~前編~

    人気レストランとその料理を支える国産食材を紹介する連載「料理を支える『和』の食材」。第1回目は、2004年のオープン以降ミシュラン1つ星を10回獲得、『Ristorante HONDA』の本多哲也シェフにお話しを伺いました。シェフのこだわりの国産食材は、”オーダーメイドの地鶏”! シェフの出身地である神奈川県小田原の地鶏を、シェフ好みの鶏へ仕上げるまでの開発秘話と、その生産者である『OSADA FARM』の魅力に迫ります。

pagetop