NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

待ち時間なしでこだわりの一杯を! 無人コーヒーサービス「root C」

5月6日(木)、コーヒー好きに嬉しいサービス「root C(ルートシー)」が登場しました。事前にアプリから注文しておくことで、指定時刻にスペシャルティコーヒーをロッカーから受取できるサービスです。受け取り時間に合わせて抽出が開始されるので、利用者は待ち時間なく、淹れたてのコーヒーを楽しめます。
正式リリース後の第一弾では、JR東京駅日本橋口丸の内中央ビル、JR新橋駅北改札外に設置しました。

産地も風味も異なる6種のスペシャルティコーヒー

「root C」は、高品質で特徴的な味わいを持つ“スペシャルティコーヒー”を提供しているのも特徴。選べるのは、産地や製造管理にこだわった本格的な味わいの全6種類。それぞれ、ホットとアイス、どちらでも楽しめます。

・コスタリカ ラ・メサ
風味:クランベリー、ジャスミン、ティーライク
コーヒーの栽培から生産を一貫して行う小規模生産処理所が、コーヒーバイヤーたちの注目を浴びているコスタリカ。その中でも、最高品質のコーヒーに与えられる名誉ある称号「カップ・オブ・エクセレンス」の第一位に輝いたラ・メサ農園のコーヒーを使用。熟した果実や赤ワインのような余韻を感じる上質な味わいが特徴です。

・ホンジュラス モンテシージョス
風味:ジャスミン、マロン
ペシャルティコーヒーの品質が飛躍的に向上している中米・ホンジュラス。その中でも高品質なコーヒーの生産地として知られる、マサグアラ地区ポッソネグロ村にある、3代続く家庭経営のモンテシージョス農園で作られたコーヒー。質のよい酸味に加え、まろやかな甘みとコクが同居する奥行きのある味わいを楽しめます。

・パナマ ドーニャ・テレ
風味:ナッツ、ブランシュガー、オレンジ
中米パナマでも高品質なコーヒーを生産する農園が集まるボケテ地区で生産されたコーヒー。アラビカ種の中のでも原種に近く、もっとも古い品種ティピカは、苦みと酸味のバランスが良く、柔らかい口当りが特徴です。優しいブラウンシュガーのような甘みを持ちつつ、程よい酸味とコクが感じられます。

・インドネシア スマトラタイガー
風味:ダークチョコレート、スモーキー、ビター
インドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種のコーヒー、マンデリン。スパイシーかつハーブのようなエキゾチックな香味があります。一般的には苦みがあるのも特徴ですが、スペシャルティコーヒーのマンデリンは、苦みだけではなく豊かな香りと濃厚なコクがあります。温度によって香味・風味の変化も楽しめます。

・ブラジル セルタオ
風味:カカオ、ブラッドオレンジ、スパイシー
ブラジル南東部、100年以上の歴史がある家族経営のセルタオ農園で100年生きている古木から少量採れる希少なコーヒー豆を使用。良質な酸味が楽しめ、苦みの中にコクの余韻が続く一杯です。

コーヒーの料金は単品購入で1杯450円。サブスクリプション(月額定額制)での利用も可能で、8杯までは月額1,980円、杯数無制限では月額7,980円です。サブスクリプションは、初月が無料で、お得にお試しができます。

忙しい朝でも、こだわりのコーヒーを気軽に手にすることができる嬉しいシステム。リリースされたばかりのため、まだ利用箇所は限られますが、今年の夏頃には約20箇所に設置される予定とのこと。今後、さまざまな場所で展開されることを期待したいですね。

※価格はすべて税込

◾︎root C https://rootc.cafe/

文・若松 真美

更新: 2021年5月11日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop