NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

星野リゾート「もったいないプロジェクト」から生まれたオリジナルスイーツ

日本の伝統や文化を活かした宿など、46施設を国内外で運営する「星野リゾート」。2020年は、新型コロナウイルスの影響を受け、各地で起きている食材の廃棄や在庫過多の問題に対して取り組む、「もったいないプロジェクト」を発足しました。

フードロスを防ぐ「もったいないプロジェクト」

2020年5月には第一弾として、全国の学校給食や外食産業における消費低下の影響を受けた牛乳を使い、「ミルクジャム」の製造を開始。第二弾は、2020年11月より、ゲストのもてなしに用いられる茶葉の消費減少を受けて、煎茶とほうじ茶の2種類の味の「界のお茶羊羹」を開発しました。

昨年に続き、今春は、山梨の苺、北海道のフルーツほおずきやさくらんぼ、沖縄の紅芋などを使った商品を提供し、各地のフードロスに繋がる危機的な状況の回復に貢献しています。

甘酸っぱさが特徴の苺「よつぼし」を使ったスイーツ

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」と、自然豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「リゾナーレ八ヶ岳」では、2021年3月1日から、東京都内の飲食店へ出荷できなくなってしまった山梨県「岩窪農場」の苺を使用した、「森のバームクーヘン苺仕立て」「苺ソースのワッフル」を提供。

「岩窪農場」は、リゾナーレ八ヶ岳から車で5分ほどの、八ヶ岳南麓、標高約850mに場所にあります。八ヶ岳から流れてくる清らかな水、朝夕の寒暖差が大きい気候など、作物を育てるには適した環境のもとで、甘酸っぱさが特徴の苺「よつぼし」を育てています。

じっくりと煮詰めたジャムをトッピングしたフレンチトースト

北海道最大級の滞在型リゾート「トマム」では、2021年2月26日より「ほおずきジャムのフレンチトースト」の提供を開始しました。高い糖度とジューシーな果実の味わいが特徴的の「しずお農場」のフルーツほうずきを使用。「しずお農場」のフルーツほうずきは、飲食店による需要が高く、例年1トンほどを全国に出荷していましたが、コロナ禍で約300キロの在庫を抱えることに。「もったいないプロジェクト」では、じっくりと煮詰めてジャムにし、フレンチトーストにトッピングします。

完熟したさくらんぼの美味しさを満喫

旅のテンションを上げる都市観光ホテル「OMO7旭川」では、2021年2月15日より、「完熟さくらんぼワッフル」と「完熟さくらんぼパフェ」の提供を開始しました。

使用しているのは、観光客の激減により、例年の2倍を上回る2トンの冷凍さくらんぼの在庫を抱えていた芦別市の「大橋さくらんぼ園」のさくらんぼ。「大橋さくらんぼ園」では、昼夜の寒暖差が大きい内陸性の特有の気候を活かし、糖度が高く、実の詰まった甘くて美味しいさくらんぼを育てています。

沖縄を代表する農作物「紅芋」を使用したスイーツ

「リゾナーレ小浜島」を含む星野リゾート6施設では、2021年2月1日より「紅芋と茜芋のトライフル」の提供を開始。

水はけの良い沖縄の土壌は、紅芋を含む芋類に適しており、年間約3,820トン(平成29年度沖縄県農林水産部発表)の紅芋が収穫されています。しかし、生芋は植物検疫で沖縄から本土への持ち込みが禁止されているため、沖縄を代表する農作物である紅芋や茜芋は、例年の4倍を上回る200トンの在庫が発生しました。「紅芋と茜芋のトライフル」は、お土産の消費減少により、在庫過多になっていた紅芋を使用したオリジナルスイーツです。

その他に、「もったいないプロジェクト」は、昨年に引き続き「界」の施設にて「界のお茶羊羹」を、「リゾナーレ那須」(栃木県)など6施設で「星野リゾートのミルクジャム」を販売しています。「星野リゾートのミルクジャム」は昨年春のプロジェクトでしたが、活動への賛同や購入希望の声が多く、昨秋より施設での販売が開始されました。

プロジェクト名の通り、どれも廃棄するにはもったいない良質な食材だけに、提供されるスイーツはどれも魅力的。こうしたプロジェクトがあるのは、消費者にとってもありがたいですね。

星野リゾート
https://www.hoshinoresorts.com/

文・若松 真美

更新: 2021年4月15日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop