NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

椎茸と柑橘の奥深い世界に浸る。無人店舗「偏愛ソロショッピング」が本駒込にオープン

4月3日(土)、東京都文京区向丘の「ことことことぶき」内に、ソロショッピング限定(=1組しか入場不可)無人販売店舗「偏愛ソロショッピング」がオープンしました。販売しているのは、柑橘と椎茸に関する商品という不思議な店です。

柑橘と椎茸出汁。偏愛するほどの想いがつまった、他では出会えない店

「ことことことぶき」は、アジアから地中海までのエスニック料理を扱うアットホームなバーレストラン。2021年4月3日にリニューアルオープンし、新しいカウンター形のくつろげるレストランキッチン「ことことことぶきkitchen」と、無人販売所・ギャラリーとしての使い方ができるスペースを備えた複合施設に生まれ変わりました。ここにオープンしたのが「偏愛ソロショッピング」です。

今回の企画に参加した会社の一つが、株式会社椎茸祭。椎茸をこよなく愛し、椎茸に関する商品を開発・販売しています。同社の「別の何かを愛する人の話をもっと聞きたい、知りたい、コロナ禍でも誰かの偏愛に出会うシーンを提供したい」という気持ちと、柑橘を“偏愛”する株式会社みかん、青山ブックセンターにより、今回の「偏愛ソロショッピング」がオープン。「他の場所では出会えないような濃い想いがつまった柑橘、うまみ爆発の椎茸出汁、煮詰められたような偏愛がつまった書籍……“非接触型”の偏愛に触れてみてください」とコメントしています。

店舗限定のお試し商品も販売

オンラインショップも構える椎茸祭やみかんですが、「偏愛ソロショッピング」では数量限定の店舗限定商品も販売。椎茸祭からは少量から試せるのがうれしい「おいしい椎茸だし100mlボトル」(500円)や「鍋だし3袋入」(500円)、みかんが運営する柑橘のサブスクリプション「柑味(KAN-MI)」からは、開店記念商品である限定食べ比べセット」(500円)を販売します。

その他にも全国のさまざまな種類の柑橘、椎茸および出汁、青山ブックセンターの選書による食に関する書籍などを販売しています。

ひと組限定でショッピングするスタイルの同店。コロナ禍における“非接触型”店舗の試みとしてだけでなく、他のお客や店員などに気を使わずに、柑橘と椎茸の世界に入り浸ることができます。奥深い食の世界を知るショッピングを、楽しんでみてはいかがでしょうか。

※価格はすべて税込

偏愛ソロショッピング ヘンアイソロショッピング

住所:
東京都文京区向丘2-34-3 bunkyo blanc
アクセス:
南北線本駒込駅より徒歩3分、三田線白山駅より徒歩5分、千代田線千駄木駅より徒歩9分
営業時間:
水18:00〜23:00、木〜日11:00〜16:00・18:00〜23:00
定休日:
月、火
支払い方法:
PayPayおよび現金
URL:
https://henai.official.ec/

文・若松 真美

更新: 2021年4月6日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop