NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

焼酎カクテル × 名店シェフの料理で世界の旅へ出かけよう 渋谷「The SG Club」

東京都・渋谷のカクテルバー「The SG Club(エスジー クラブ)」は、オリジナル焼酎カクテルと人気レストランのシェフが手がけた世界各国の料理のマリアージュが楽しめる、カクテルペアリングのコース「SG AIRWAYS(エスジー エアウェイズ)」を提供中です。

世界NO.1バーテンダーが魅せる、新たなバーの楽しみ方

「The SG Club」は、世界で数々の受賞歴を持つ日本を代表するバーテンダー・後閑信吾(ごかん しんご)氏が率いるカクテルバー。今年の6月から期間限定でスタートしたペアリングコース「SG AIRWAYS」では、後閑氏が世界各国で出合った食や文化を表現したオリジナルカクテルと共に、それぞれの国の料理を楽しむことができます。すべてのカクテルには、オリジナル焼酎「The SG Shochu(エスジー ショウチュウ)」を使用。カクテル用の焼酎として、アルコール度数をやや高めにし、フルーツとの相性などを考慮して開発した特別な焼酎です。

「SG AIRWAYS」では、「KOME」(熊本県産)、「IMO」(鹿児島県産)、「MUGI」(大分県産)の3種類の「The SG Shochu」を、後閑氏がさまざまな食材と組み合わせて多彩なカクテルに仕上げ、“カクテルバーで体感する、焼酎 × 世界のフードのペアリング”という新たなバーの楽しみ方を提案します。独創的なカクテルと料理に、各国の音楽や後閑氏の旅のエピソードが加わり、まるで世界中を旅している気分を味わうことができるコースです。

「SG AIRWAYS」は、全8都市の料理とカクテルが味わえる「ビジネスクラス」(17,000円)と、全11都市の「ファーストクラス」(22,000円)」の2クラスです。“就航ルート”は月替り。すべて後閑氏が実際に訪れた土地を巡ります。各コースの料理のうち2品は、「コードシェア便」と題して、月ごとに替わるゲストシェフが監修。たとえば11月は、「CHOMPOO(チョンプー)」(渋谷)の森枝幹シェフが担当したタイ・プーケットの料理に、どぶろくにココナッツやパクチーを合わせたカクテルがペアリングされました。12月は、塩をアクセントにしたイタリアン「Sel Sal Sale(セルサルサーレ)」(恵比寿)の濱口昌大シェフをゲストに迎え、イタリア・ローマやスイス・チューリッヒなどを“旅”しました。

旅に行けない今だからこそ、今ここでしかできない体験を

焼酎カクテルと名シェフの料理とのペアリングだけでなく、“出発前”から“帰国後”まで、まるで物語が進んでいくような演出が楽しめるのも「SG AIRWAYS」ならでは。12月の「ビジネスクラス」コースは、「出発前の成田空港のラウンジでビールを1杯」をテーマにした、「MUGI」、トマト、オーガニックはちみつのカクテルと、うずらのたまごのピクルスから始まります。

第1、第2目的地――すなわち、コースの1、2品目は早速、「コードシェア便」でフランス・コニャック、イタリア・ローマへ。濱口シェフが手がけた料理と後閑氏のカクテルが旅のスタートを盛り上げます。

ローマをテーマにしたペアリングは、浸透圧で旨みを凝縮した真鯛をカッペリーニに載せて鮨のように仕上げたスペシャリテと、「KOME」をベースにした1杯。渋谷の「チーズスタンド」から仕入れる搾りたてのホエイを使い、リコッタチーズ、トマト、バジルのエキスを加えた爽やかなカクテルです。「カクテルはワインや日本酒と違い、ありとあらゆる素材を組み合わせることができるのでバリエーションが無限大」と、後閑氏。加えたい香りや味を本物の素材から作り出すことで、唯一無二の1杯を生み出します。

後閑氏がはじめてひとり旅をした、思い入れのある街だというスペイン・ヘレスは“毎月立ち寄る都市”です。ここでは、後閑氏によるパフォーマンスも見もの。2種類のシェリー酒に、鰹の旨みとスモーキーな香り、オレンジを加えたカクテルは、ヴェネンシアという道具を使って高い位置から勢いよくグラスに注ぎ落とします。たっぷりと空気を含んだカクテルは、より豊かな味に。現地のマナーとして手渡しでグラスを受け取ったら、ハモンイベリコを磯辺焼き風に仕立てた一品と共に楽しんで。

12月のメイン料理は、ポルトガル・リスボンで味わうメンチカツバーガーです。後閑氏曰く、「現地にある、宮殿を丸ごと改装したフードマーケットで出合ったものを詰め込みました」。リスボンの名物である肉の煮込み料理やタコ料理をヒントに、牛タンの煮込みとタコのメンチカツを「ブリコラージュ」(六本木)の特注のブリオッシュバンズでサンド。カクテルは、「IMO」にポルトガルワインのマディラ、エッグタルトの風味を加え、仕上げにサフランとハーブの香りをプラスした1杯を合わせました。陽気なBGMで気分は最高潮。豪快にかぶりつくのもおすすめです。

そのほか、エンターテインメントショーのように楽しむ“ヒミツの料理”があったり、旅の〆には、後閑氏が世界一を獲った抹茶とラムのカクテル「スピーク・ロウ」が楽しめたりと、始まりから終わりまで、驚き、美味しさ、楽しさが盛りだくさんの「SG AIRWAYS」の旅。1月は過去半年間で人気だった国や、過去のコードシェア便(ゲストシェフ)の4品を加えたSG ALLIANCEで世界一周の旅を楽しめるそう。そして2月は、斬新なスタイルで話題の兜町「CAVEMAN」の黒田敦喜シェフがゲストシェフとして登場し、料理の一部を監修するとのこと。全貌はぜひ「The SG Club」で体感してください。リラックスして食事やお酒を楽しみながら、カウンターでカクテルをつくる後閑氏の技にも注目です。

※価格はすべて税別です。

The SG Clubザ エスジー クラブ

住所:
東京都渋谷区神南1-7-8
TEL:
03-6427-0204
アクセス:
JR・東京メトロ各線・東急電鉄各線渋谷駅より徒歩12分
営業時間:
17:00〜25:00 ※金・土曜のみ〜26:00 ※東京都の自粛要請などにより、営業時間は変更することがあります。
定休日:
なし
支払い方法:
クレジットカード可(JCB、AMEX、VISA、MASTER、 Diners)
URL:
https://www.facebook.com/thesgclub

写真・広瀬 美佳 文・山本愛理

更新: 2021年1月21日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop