fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

“今”のための新ブレンド「STIMULUS」発売! コーヒーロースターとして今できることを 

両国に焙煎所を持つ、オーストラリア発のスペシャルティコーヒーロースター「Single O Japan」( シングル オー ジャパン)」は、新型コロナウイルスの影響で窮屈な生活が続く“今”のための新しいブレンド「STIMULUS(スティミュラス)」を新発売しました。またオンラインショップでは、キャンペーンも実施中です。

コーヒーロースターとしてできることを

オーストラリア発のスペシャルティコーヒーロースター「Single O」の唯一の海外の焙煎所として、2014年にオープンした「Single O Japan」は、国内のスペシャルティコーヒーロースターの先駆け的存在。カフェやレストランなど、数多くのパートナー(卸先)を持ち、両国の焙煎所で自家焙煎したフレッシュで高品質なコーヒー豆を全国に届けています。

今、在宅勤務や外出自粛などにより自宅でコーヒーを淹れる人が増えていますが、先行きが見えない状況において、スペシャルティコーヒーはけっして安価なものとはいえません。しかし、そんな厳しい今だからこそ「美味しいコーヒーを飲んで、少しでもホッと一息ついてもらいたい」と、「Single O」は期間限定ブレンド「STIMULUS」をリリースしました。高い品質はそのままに、毎日楽しめるよう価格を抑え、またまとめ買いすることでよりお得になる価格設定になっています。

期間限定ブレンド「STIMULUS」

「STIMULUS」は、ケニアを代表する生産地ニエリ地区の豆と、「Single O」が長年取り引きを続けるコスタリカ・タラズ地区の豆を使用しています。もちろん、どちらも品質には絶対の自信あり。バターが香るレモンショートブレッドやキャラメルを思わせる、コクのある甘みとスッキリとした後味のバランスがとれたテイストに仕上げました。ドリップしてブラックで飲むのはもちろん、ミルクを加えたり、エスプレッソドリンクにしたりしても楽しめるブレンドです。「ひとりでも多くの人にコーヒーを届ける助けになれば」。そんな思いが詰まっています。

コーヒーの豆ごとに情報を記載したポストカードサイズの「O File」が同封されます.

「STIMULUS」は「Single O」のオンラインショップで購入が可能。コーヒーは飲んで味わうだけではなく、淹れる時間も心を穏やかにしてくれます。家のどこかに眠っている昔買った抽出器具を探し出してみたり、これを機に新たな器具を新調したりして、ぜひ淹れる時間もお楽しみください。また、「Single O」のコーヒーを提供している一部のパートナーの店舗でも飲むことができます。

オンラインショップで「CAFE KICKBACKキャンペーン」がスタート! 

さらに「Single O」のオンラインショップでは、緊急事態宣言発令以降大きな影響を受け続けている全国のパートナーを支援するため、独自のクーポンを利用することで購入金額の一部がその店に還元される「CAFE KICKBACKキャンペーン」をスタートしました。利用する側も10%オフで商品を購入することができます。


KICKBACK(キックバック)の仕組み


「Single O」のオンラインショップにて、商品を購入します。コーヒー豆のほか、抽出器具なども対象です。家に抽出器具がない方は、ドリップバッグ式の「Single O Parachute(パラシュート)」がおすすめ。次に、「Single O」のコーヒーを提供しているカフェやレストランからサポートしたい店を選び、独自のクーポンコードを入力します(詳細はキャンペーンサイトを参照)。すると、10%割引で商品を購入することができ、購入金額の一部がその店に還元されるというシステムです。なお、3,900円以上の購入で送料が無料になります。

政府からの支援策は未だ十分とはいえず、休業を継続するのか、感染拡大予防策をとりながら可能な限り営業を続けるのか、毎日重大な選択を迫られている飲食店。私たちが自宅で美味しいコーヒーを味わうことが、彼らの支援になります。「STIMULUS」ブレンドと「CAFÉ KICKBACK キャンペーンで、おうちでホッと一息ついてみませんか?

<商品情報>
販売元      :Single O Japan
商品名      :STIMULUS
価格          :250g/袋 1,800円(2袋の場合は3,200円)※それぞれ税込み
キャンペーン詳細:https://mailchi.mp/0fcccfe38718/ci1ouoqvm0-2753694
オンラインショップ:https://singleojapan.thebase.in/

文・写真:山本愛理

更新: 2020年5月22日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop