fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

ついつい“はしご酒”したくなる。日比谷に新規開業「日ゞ小路」の美味しいものを紹介

日比谷のオフィス街に「食べ歩き はしご酒」をコンセプトにした「日ゞ小路(ひびこうじ)」が2月20日(木)にグランドオープンしました。九州の料理と地酒を楽しめる九州エリアと、串焼きやお好み焼き、煮込みなど飾らない料理とお酒を楽しめる下町エリアに、それぞれ二軒三軒と気軽に足を運べる屋台風の居酒屋が集まりました。路地を歩いて“はしご酒”するかのような気分で美味しい料理とお酒を堪能できるスポットです。

東京初出店! 鹿児島の名物・茶ぶりとクラフト焼酎が絶品な「TAGIRUBA」

茶ぶり刺身(700円)

九州エリアに集まるのは、鹿児島・福岡などの郷土料理や地酒を提供する7つの店舗。

東京初出店「本格焼酎とかごしま料理 TAGIRUBA」は、名物の茶ぶりを中心に“鹿児島の旨い”と、焼酎利き酒師がセレクトした約40種類の鹿児島の本格焼酎を味わえる店です。

茶ぶりとは、鹿児島県の特産であるお茶が入った餌を食べて育ったぶり。養殖ぶりの生産量日本一の鹿児島県⻑島町のブランドぶりです。くさみや余分な油がなく、身質がしまっているのが特徴で、刺身はもちろん、焼き物、煮物にしても美味。今回は「茶ぶり刺身」(700円)をいただいてみました。口へ運ぶと、臭みがまったくなく、ジューシー! 口の中に旨みがじゅわっと広がります。それでいて脂が少ないのであっさりしており、肉厚なのに何枚でも食べられてしまう美味しさです。

ほかに、「茶ぶり大根」(600円)や、こりこりとした食感で噛むほどに深い味わいを楽しめる「地鶏刺身」(700円)もおすすめ。ドリンクは、焼酎ファンにも評判の鹿児島県姶良市(あいらし)の白金酒造とコラボしたオリジナルクラフト焼酎「13」をぜひ。口当たりまろやかで芋の豊かな香りのこの焼酎、料理との相性も抜群です。ソーダ割りにした「どんはい」(500円)は“飲み過ぎ注意”な味わいです。

鹿児島のブランド豚料理専門店で茶美豚を堪能

さつま八焼き(800円)

「さつま豚酒場 八」は鹿児島のブランド豚「茶美豚」料理の専門店。鹿児島特産のお茶やさつまいもを食べて育った茶美豚は、肉質が軟らかく脂身はさっぱり、旨み成分を多く含む鹿児島のブランド豚です。肩ロースを焼いて⻩身ポン酢で食べる「さつま八焼き」(800円)をいただくと、肉の軟らかさにおどろきました。それでいて、咀嚼するごとに豚肉の甘みと旨みがじわりと染み出てきます。⻩身ポン酢をつけると、お酒が進む一品としてまた違った味わいを楽しめます。同店ではほかにも「厚切りロースカツ」(1,200円)やしゃぶしゃぶなど、茶美豚の美味しさを堪能できる料理が多く並びます。

気取らないメニューが並ぶ「食堂つつむ」

黒豚餃子(480円)

「食堂つつむ」は、なつかしさを感じる食堂をコンセプトとした店。名物の「黒豚餃子」(480円)は、シンプルな味わいながらも鹿児島ブランド豚・黒豚の味わいを堪能できる一品。ほかにも、手作りにこだわった煮込みやアジフライなどの定番から、明太子の天ぷらなどちょっと変わったお酒のお供までそろっています。

九州エリアにはほかに、“博多のうまかもん”を提供する福岡で人気の立ち飲み屋「HAKATA MEGUSTA」や鹿児島から直送の鮮魚をリーズナブルに味わえる「パーラー じゃりンこ」、鹿児島薩摩鶏のから揚げなどを名物とする鹿児島大衆酒場「かごっま屋台 火の玉ボーイ」、70年代・80年代の歌謡曲を楽しめるバー「ザ・⻘春時代」の4店舗が集まっています。

お好み焼きで〆る広島スタイルもおすすめ

広島焼き(700円)

下町エリアにある「熱々鉄板チェインズ」は、広島風お好み焼きを中心とした鉄板料理を提供する店。広島出身のオーナーが新規開業した同店では、鉄板で仕上がった熱々の料理をつまみながら、お酒を飲み、お好み焼きで〆る広島スタイルを楽しめます。もちもちとした細麺と豚肉に、たっぷりのキャベツが載せられた広島風お好み焼き「広島焼き」(700円)は、見た目よりあっさりしており、女性にもおすすめしたい一品。お客の見えるところで焼いてくれるので美味しさもひとしおです。

下町エリアではほかに、定番の串焼きやつくねを中心とした創作串を楽しめる「串焼き つぐね」、煮込み料理と極上さつま地鶏をリーズナブルな価格で提供する「地鶏と煮込み 大衆酒場 トリッパ」が並びます。

こだわりの料理や地酒を手頃な価格で楽しめる

実際に足を運んでみると、個性的な店がコンパクトに集まっているため、“はしご酒”は必至の「日ゞ小路」。どの店にもこだわりの料理と地酒やオリジナリティあふれるサワーやカクテルなどが並んでおり、お酒好きなら楽しめること請け合いです。東京初出店や新規開業の店がほとんどなので、ほかでは味わえないメニューに出会えるのも魅力です。

※価格は全て税別です。
土曜のみ営業時間が異なります。

日ゞ小路(ひびこうじ)

住所:
東京都千代田区内幸町2-2-3日比谷国際ビルB2 「ヒビコクチカシタ内」
アクセス:
都営地下鉄三田線内幸町駅直結、東京メトロ丸の内線・千代田線・日比谷線 霞ケ関駅より徒歩3〜5分
営業時間:
平日 11:30〜14:00/17:00〜22:30、土 11:30〜19:30
定休日:
日曜日・祝日
支払い方法:
店舗による

文・若松 真美

更新: 2020年3月2日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop