fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

チケット販売開始! 日本初開催の“観て食べる”フードフィルム・フェスティバル「The Food Film Festival Tokyo 2020」

食にまつわるフィルム作品を鑑賞しながら、スクリーンに映るものと同じ食事を実際に味わえる、ニューヨーク発の人気イベント「The Food Film Festival(ザ・フード・フィルム・フェスティバル)」が、2020年4月17~19日に日本で初開催! 早割チケットが「チケットぴあ」にて販売中です。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感で楽しむフードフィルム

米・ニューヨークで始まり、昨年13回目を迎えた「The Food Film Festival」は、食にまつわるフィルムを鑑賞していると、作品内に登場する食事が座席に運ばれてくるという、映像と食を同時に楽しむことができる人気のイベントです。上映作品は、コマーシャルからドキュメンタリーまでさまざま。映像のプロと食のプロが一丸となり、極上のエンターテインメントを生み出します。これまで米・シカゴ、チャールストン、独・コペンハーゲンでも開催された同イベント。この春、ついに「The Food Film Festival Tokyo 2020」と題して、日本での初開催が決定しました。

「The Food Film Festival Tokyo 2020」のテーマは「EAST×WEST」

グローバル化が進んだ現代では、世界中のどこでも同じものが食べられるようになりました。しかし、それぞれの国や都市には、その地に根差した食文化があり、そこに住む生産者やシェフのこだわりがつまった食があります。「The Food Film Festival Tokyo 2020」では、2020年に姉妹都市60周年を迎える、東京(EAST)とニューヨーク (WEST)のそれぞれの地域文化を、映像と食を通して発信します。

フルコースで味わえる2日間のチケットは枚数限定販売!

現在発売中のチケットは「Day1(4月17日)」と「Day2(同18日)」の2日分です。

「Day1」のテーマは「BEST of FFF NEW YORK」。13年間ニューヨークで開催された「The Food Film Festival」のベストセレクションを中心に上映します。本場ニューヨークのクリエイティブな作品とフードを、東京で堪能できる貴重な一夜となるでしょう。

「Day2」は、「The Night Aquatic(seafood)」。島国であり、海の幸に恵まれた日本で行われるからこそ取り上げるテーマです。フィルムクリエイターたちが手がける、海の幸にまつわる作品を上映します。

上映作品数は各日7~8本を予定。前菜からメイン、 デザートまで、フルコースをワンバイトサイズで味見できる約1.5時間のプログラムです。上映プログラム終了後は、出演していたシェフや生産者が料理を振る舞うアフターパーティーを開催。作品の余韻を楽しみながら、さらに美味しいひとときを過ごすことができます。

最終日はジョージ・モッツ氏による「バーガーフェス」を開催

最終日の19日には、「The Food Film Festival」の主催者であり、現在はハンバーガーエキスパートとしても活躍するジョージ・モッツ氏が「バーガーフェス」を決行! 彼は26年以上にわたり、テレビコマーシャル、短編映画、ミュージックビデオやドキュメンタリー等を制作し、エミー賞受賞歴もある映像作家です。⾃⾝で監督、撮影、編集、プロデュースを手がけたドキュメンタリー映画「Hamburger America」(2005年)は翌年、「James Beard Foundation Award」を受賞しました。映像と食の両方の分野で注目を集める人物です。

日本からは、二人の人気シェフがフードディレクターに就任。1人目は、世界のベストレストランの常連店「Tetsuya’s」(オーストラリア)や、マンダリンオリエンタルホテル東京内「タパス モラキュラーバー」で研鑽を積んだ新進気鋭の若手料理人・森枝幹(もりえだ かん)氏。世界的な課題となっている水産資源の減少や牛肉に代わる食材の確保など、未来の食の社会問題を取り上げ、国際交流を目指します。そして2人目は、予約困難なレストランとしても有名な「SUGALABO」の立上げに尽力した薬師神陸(やくしじん りく)氏。現在は独立し、”食のリテラシーを磨く”をコンセプトに、新しい料理人の働き方で”食体験”を提案し続けています。

左からFFF主催 ジョージ・モッツ氏、FFFTフェスティバルシェフ 薬師神陸氏、FFFNYフェスティバルシェフ アーロン・アンガー氏、FFFTフェスティバルシェフ 森枝幹氏、株式会社アマナ代表取締役社長 進藤博信氏

観て食べて、そして考えて楽しむ。そんな新しい感動体験を味わいに、出かけてみてはいかがでしょうか。

【DAY1・DAY2 チケット情報】
価格:早割チケット10,000円、 前売・当日チケット11,000円
取り扱い:チケットぴあ(Pコード:644-735)
購入方法:(1)店舗 :チケットぴあ/セブン-イレブンで直接ご購入いただけます。
(2)WEB:ウェブサイトから購入可能 ※無料会員登録が必要
https://w.pia.jp/t/fff-tokyo/
(3)電話:0570-02-9999(24時間受付)※但し、火・水曜の深夜2:30~5:30を除く

【イベント概要】
名称:The Food Film Festival Tokyo 2020(フードフィルム・フェスティバル・トーキョー2020)
日程:2020年 4月17日(金)~19日(日)
・17日(金)18:30~22:00 「Best of FFF NEW YORK」
・18日(土)18:30~22:00 「The Night Aquatic(seafood)」
・19日(日)12:00~18:00  「George Motz バーガーフェス」
会場:B&C HALL 東京都品川区東品川2-1-3
入場料:17・18日:早割チケット 10,000円/ 前売・当日チケット 11,000円
19日:当日チケット 1,500円より(※予定)              
HP:http://ffftokyo.jp/

※時間はすべて予定です。
※上映プログラムなど詳細情報は、2020年2月中旬に発表予定です。
※価格はすべて税込みです。

文・山本 愛理

更新: 2020年1月28日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop