fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

日本各地の魚介料理に舌鼓! 日比谷公園で「全国魚市場&魚河岸まつり」開催

日本各地の魚介料理を満喫できる食イベント「第5回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2019~全国魚市場&魚河岸まつり~」が、2019年11月14日(木)~17日(日)の4日間、日比谷公園(東京都千代田区)で開催されます。

日本各地の魚介類が集まる催事としては最大級の同イベントには、全国各地から魚介料理店自慢の味が大集合。焼き物、刺身、煮物、汁物、ご飯ものなど、さまざまな地域で育まれた素材にひと手間加えた絶品魚介メニューを堪能できます。5回目となる今回は、魅力的な新メニューも続々と登場。

「海峡サーモン」や「うにトロいくら丼」などの絶品メニューに舌鼓

海峡サーモン丼

「インスタ映え」で大人気のシーフードレストランが提供する「うにトロいくら丼」は、熱々のご飯にマグロトロフレークを丼いっぱいに敷き詰め、新鮮な生ウニとイクラをトッピングした贅沢な一品。アユと塩のみで作った「鮎魚醤」などをブレンドしたオリジナルのタレが旨みをより一層引き立てます。

「海峡サーモン丼」は、津軽海峡の冷たい潮流と荒波に育てられたニジマス「海峡サーモン」を堪能できる一品。海峡サーモンは引き締まった身と脂ののりがよいのが特徴。コクがありながらも脂はあっさりとした味わいです。

他にも、「第17回TRYラーメン大賞」新人大賞を受賞した鮮魚系ラーメン「深海真鯛ラーメン」や産地直送のとらふぐを使った「ふぐ鍋」、高タンパク低カロリーな「くじらステーキ」などの新メニューも楽しめます。

会場には日本酒、焼酎、ワイン、リキュールなど、全国各地から選りすぐったお酒が揃っているので、魚介メニューと一緒にぜひ味わいたいところ。さらに、今年はお酒とつまみを堪能できる「赤ちょうちん通り」エリアを新設。秋の夜長に、赤ちょうちんの灯る、ゆったりとした空間でお酒と美味しい各地のつまみをつまめば、舌もお腹も満足できること間違いなしです。

年に一度の魚の祭典「Fish-1グランプリ」では2つのコンテスト

17日(日)は国産水産物流通促進センター構成員である全国漁業協同組合連合会が主催する年に一度の魚の祭典「Fish-1グランプリ」も同時開催。

全国各地の漁師が自信を持ってすすめる魚、“プライドフィッシュ”を素材にした料理を選ぶ「漁師自慢の魚プライドフィッシュ料理コンテスト」と、国産の水産物を使った気軽・簡単・便利な“ファストフィッシュ”な料理を選ぶ「地域を元気にする国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」の2つのコンテストで、各店が競い合います。両コンテストとも、Fish-1グランプリ来場者の投票と審査員による審査によってグランプリが決定します。

食欲の秋にぴったりの同イベント。平日にも開催されるので、仕事帰りにふらっと立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019 ~全国魚市場&魚河岸まつり~

開催場所:
東京都立日比谷公園噴水広場(東京都千代田区日比谷公園1-6)
アクセス:
東京メトロ霞ヶ関駅より徒歩8分、東京メトロ日比谷駅・都営地下鉄日比谷駅より1分、JR有楽町駅より徒歩10分
日時:
2019年11月14日(木)~15日(金)11:00~21:00、16日(土)10:00~21:00、17日(日)10:00~18:00(予定)

文・若松 真美

更新: 2019年11月11日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop