fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

本物の味を家庭で。「京都吉兆」が完全無添加出汁パックを発売

国産の天然素材のみで作られた「京都吉兆」の出汁パック

日本料理・懐石料理の「京都吉兆」から、本枯鰹節と羅臼昆布のみで仕上げた無添加出汁パック「吉兆のだし」(5袋入り・活用レシピ付 1,000円/税別)が、2019年6月15日より発売。

風味豊かで旨みの濃い本物の出汁の味を、改めて知ってほしい、手軽に家庭料理に取り入れてほしいと、オリジナルの無添加出汁パックを開発しました。

みそ汁やかやくごはん、茶わん蒸しに合う、コクの深い濃い出汁を目指し、本枯鰹節と羅臼昆布を採用。鰹節は、季節や漁獲量に合わせ、鹿児島県の枕崎産や山川町産、静岡県の焼津産の、コクの深い本枯鰹節を使用しています。手軽にとれる出汁でも"本物の味"となるよう、旨みがたっぷりの国産天然素材を厳選しました。

また、完成までには、素材本来の旨みを引き出す方法にこだわり、材料比率や製法の試行錯誤を繰り返しました。そして、化学調味料や食品添加物、酵母エキス不使用なうえ、食塩や醤油も加えず、国産の天然素材のみで作られた“本物の味”の出汁パックが完成。無添加と謳う出汁には、酵母エキスやかつおエキスなどが使用されていることも多いですが、こちらは、鰹節と昆布のみで仕上げられました。

かつおの製造工程を見学するところから始め、完成までに5年の歳月をかけたといいます。

ピラミッド型のテトラパックで簡単に香り豊かな出汁がとれる

ピラミッド型のテトラパックも美味しさにこだわった結果。一般的な四角型パックに比べ体積が大きいため、鍋のお湯の対流をパックが泳いだ際、成分がまんべんなく抽出されます。鍋で数分煮出すだけで豊かな香りの濃い出汁が簡単にとれ、煮物やみそ汁などの和食メニューも、より美味しく仕上がります。

パッケージデザインは、京都吉兆 嵐山本店のふすまの柄に由来したデザイン。また、商品には、おすすめ活用レシピの付いたしおりが1枚(全8種)同封されています。

「日本の食文化が失われてはいけない」という創業者の湯木貞一の想いを受け継ぎ、「本物の出汁の味を次世代に受け継いでいきたい、世界の人に知ってもらいたい」と、京都吉兆 徳岡邦夫総料理長の願いが込められた本物の出汁。家庭の味に取り入れてみてはいかがでしょう。

購入は、京都吉兆大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹店、オンラインストアなどで。
「吉兆のだし」特設ページ、「吉兆のだし」ものがたりは、コチラ

京都吉兆

URL:
https://kyoto-kitcho.com/

更新: 2019年7月3日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop