fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

フランス ローヌ・アルプ地方の酒蔵『昇涙酒造』の日本酒が日本に上陸!

2017年6月、フランスのローヌ・アルプ地方、サン=テティエンヌ近郊の小さな街、ペリュサンに酒蔵『昇涙酒造(しょうるいしゅぞう)』が誕生しました。

蔵元はフランス出身のグレゴワール(グレッグ)・ブッフさん。観光で日本に訪れたときに初めて口にした日本酒の虜になり、純米酒、無添加、生酛を中心に酒造りを行っている歴史ある酒蔵、鳥取の『梅津酒造』で修業。「日本酒の価値を守りたい」「日本酒の素晴らしさをヨーロッパで伝えたい」との想いから酒造会社を設立し、日本人の杜氏と蔵人とともに、輸入した日本米と現地の水で日本酒造りを行っています。そして、2019年の春、日本で『昇涙酒造』のお酒の販売が始まりました。

すべて燗でも美味しく飲める。『昇涙酒造』5つの純米酒

日本での発売にあたり、4月下旬には都内で試飲会が開催され、以下に紹介する5つの日本酒が来場者に振舞われました。

ヨーロッパの食文化に合わせアペリティフから肉料理、デザートまでを楽しめるよう造られたのは「風」「暁」「浪」「雷」の4つのお酒。フランス人でも飲み飽きないよう、フルボディな仕上がりです。とはいっても、ワインに寄せたようなものや近年人気のあるフルーティなタイプではなく、どっしりとした味わいで、すべて燗でも美味しく飲めるのが特徴。大吟醸を含めすべて純米酒です。生酛「一心」は、日本向け仕込んだもの。

・「暁」(純米酒・精米歩合70%)1440ml 6,600円(税別)、720ml 3,600円(税別)

アペリティフ向けに造られたお酒。優しい甘みと酸味が特徴。燗をするとぐっとふくよかな味わいになり、冷やしたものとガラッと印象が変わります。

・「風」(純米吟醸酒・精米歩合50%)1440ml 8,400円(税別)、720ml4,600円(税別)

しく丸みを帯びた味わい。香草を使用した魚や肉料理などに良く合います。常温からぬる燗がおすすめです。優フランスの三ツ星レストラン『トロワグロ』で、ホタテの料理と合わせて提供されているそう。

・「浪」(純米酒・精米歩合70%)1440ml6,600円(税別)、720ml3,600円(税別)

きのこのような風味とはちみつのようなコクがあるお酒。常温と燗の違いが楽しめるお酒でもあります。コクのあるソース使った料理などと相性が良いでしょう。

・「雷」(純米酒・精米歩合80%) 1440ml6,600円(税別)、720ml3,600円(税別)

冬には特におすすめしたいお酒とグレッグさん。口に含んだ瞬間から熟成感が広がり、どっしりとした味わい。とてもインパクトがありました。肉やチーズと良く合いそうです。

・「一心」(純米酒・精米歩合80%)1440ml6,600円(税別)

生酛づくりの辛口で旨みをしっかり感じられるお酒です。焼き鳥などと相性が良さそうです。

お酒の裏にある日本の心を伝えたい

グレッグさんの日本酒造りは、「日本酒の美味しさに感動した」というシンプルな体験からスタートしました。しかし、美味しいお酒を飲むことと実際に造ることでは、言うまでもなく大きな違いがあります。グレッグさんを突き動かしたものは何だったのでしょう?

「まず大きな理由が『ご縁』です。フランスに帰国後、日本で買った日本酒を友人に飲ませたところ、その友人が日本酒を輸入している友人を紹介してくれたんです。その方が梅津酒造の梅津社長を紹介してくれまして、ご縁が繋がっていき、その出会いや友情を大切にしたいと思ったのが1つです。また、私が出会ったのは、美味しいお酒だけではなくて、お酒の裏にある日本の心、日本のエスプリでした。ご縁を大切したい、日本のエスプリをフランスでも伝えたいという想いから蔵元という仕事にいきつきました」と話してくれました。

日本酒の価値“燗の文化”と“多様性”を守りたい

「“燗の文化”が、日本でも少しずつ失われつつあるのが残念です。守らなければいけない日本酒の価値だと思っています」とグレッグさん。そして、もう1つ、彼が感じている日本酒の大きな魅力が、“多様性”です。有名な銘柄ばかりが注目されてしまいがちですが、小規模ながらも丁寧に酒造りを行っている酒蔵が多いのも日本酒の魅力であり、その価値を燗の文化とともに伝えていくことが、日本酒造りを行う強いモチベーションとなっているそうです。

そして「フランスのみならず、ヨーロッパでももっと日本酒を広めていきたいし、それは自分の役割だと思っています。日本酒のエネルギーというものを伝えていきたいです」と話してくれました。日本酒への並々ならぬ想いが込められた『昇涙酒造』の日本酒は、日本人の心も大きく動かすでしょう。

『昇涙酒造』の日本酒の輸入販売を行っているのは『酒のはしもと』。『酒のはしもと』の店舗や日本橋高島屋、大阪高島屋などで購入できます。

昇涙酒造

URL:
https://www.larmesdulevant.com/

更新: 2019年5月30日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop