NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

パリで異彩を放つシェフ、ティエリー・マルクスの味を銀座で! 銀座プレイスの注目レストラン

銀座四丁目交差点、日産のショールームがあったあの場所に、伝統工芸の「FRETWORK(透かし彫り)」の技法をイメージしたファサードが美しい、新しいランドマーク「GINZA PLACE(銀座プレイス)」が9月24日にグランドオープンしました。地下1階・2階には「銀座ライオン GINZA PLACE店」。1、2階にはカフェを併設したショールーム「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」。11階にはJA全農神戸直営・鉄板焼レストラン「神戸プレジール銀座」(10月27日オープン)といったテナントが入るのですが、編集部が注目したのは7階、パリの名シェフであるTHIERRY MARX(ティエリー・マルクス)氏が手掛けたお店です。

ティエリー・マルクスと言えば、パリで“星の請負人”と謳われる人物。ホテル「マンダリンオリエンタル パリ」内にあるミシュラン二つ星レストラン「Sur Mesure par Thierry Marx(シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス)」の総料理長を務めているシェフです。パティスリーから料理人としてのキャリアをスタートした彼は、「ルドワイヤン」、「タイユバン」、「ジャマン」とフランスのトップレストランで経験を積み、1988年にトゥールーズの「ロカン・バル」で、初めてミシュランガイドの一つ星を獲得。1991年にはニームの「シュヴァル ブラン」で一つ星、シャトー・コルディアン・バージュでは二つ星を取得。2011年、ホテル「マンダリン オリエンタル パリ」に「シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス」を開業。わずか半年で二つ星に輝くという偉業を成し遂げました。

キッシュ・ロレーヌを液状にしたり、メレンゲを窒素で調理したりと分子ガストロノミーの第一人者でもあり、化学者のラファエル・オーモンと共同で、フランス料理革新センターを創設。まさに、現在のフランス料理界を牽引するシェフの一人なのです。日本の食材も柔軟に取り入れる彼は、なんでも柔道五段、剣道四段だったりという親日家でもあるとか。

こちらはレストランで提供される料理の中から2皿。ティエリー・マルクス氏のスペシャリテ「貝のジュレとクリーム、キャビア」と、ロゼ色に焼き上げられた「フランス産鳩のロースト」

そんなティエリー・マルクスが監修したガストロノミーレストラン「THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)」と、グランビストロ&プレミアムテラスバー「BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)」がオープンするのです。「THIERRY MARX」では、フランス料理の“伝統”を守りつつも、新たな挑戦による“革新”を加えたランチコース1種、ディナーコース2種をご用意。「BISTRO MARX」ではフランス料理の伝統を継承した「料理とパンの融合」が楽しめ、パンやガトーがテイクアウトできるブーランジェリーも併設。外はカリッと、中はフワっとの食感を実現した「ブリオッシュ」が注目メニューです。夜はテラス席の「プレミアムテラスバー」で銀座の夜景とともフルーツカクテルやシャンパンが楽しめます。

左から、注目の「ブリオッシュ」。ブーランジェリーでテイクアウトも可能。続いてそのブリオッシュを使用した「フレンチトースト」、肉厚パテの「マルクスバーガー」、そして「仔羊の煮込み 白いんげん豆〈Meat on bread〉」。

伝統と革新が息づく感動の1皿を愉しめるガストロノミーレストランに、ブリオッシュをはじめパリのエスプリが感じられるグランビストロ&プレミアムテラスバー。フランスを代表するシェフの味を堪能すべく、銀座プレイスに出かけてみてはいかがでしょう?

THIERRY MARX/BISTRO MARXティエリー・マルクス/ビストロ マルクス

THIERRY MARX/BISTRO MARX

住所:
東京都中央区銀座5-8-1
GINZA PLACE 7F
TEL:
THIERRY MARX/03-6264-5045、BISTRO MARX/03-6280-6234
営業時間:
THIERRY MARX/11:30~LO14:00、17:30~LO21:00、BISTRO MARX/11:00~LO22:30、プレミアムテラスバー23:00~LO翌1:30
定休日:
THIERRY MARX/日曜日、BISTRO MARX/不定休(プレミアムテラスバーは日・祝日定休)
料金:
THIERRY MARX/ランチコース15,000円、ディナーコース20,000円~(税別、サービス料別)、BISTRO MARX/ランチコース3,800円~、ディナーコース6,800円~、ティータイムセット2,000円~、アラカルト1,200円~
URL:
http://www.thierrymarx.jp/

更新: 2016年9月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop