NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

あのチーズタルトの「BAKE」が送る、バレンタイン限定チョコチーズタルトがすごい!

2014年に新宿ルミネエストに1号店をオープンして以来、国内14店舗、そして韓国、タイ、シンガポールなどの海外に15店舗を展開し、どこも行列が絶えないチーズタルトの人気店「BAKE CHEESE TART(ベイク チーズ タルト)」。北海道の老舗和菓子店「きのとや」のご子息である長沼真太郎さんが立ち上げた「お菓子のスタートアップ」として、また商品や企業のストーリーを伝えるオウンドメディア「THE BAKE MAGAZINE(http://www.bake-jp.com/magazine/)」の運営など、ビジネスの観点からも注目されているお店です。

作り置きはせず、工房一体店舗で焼き立ての「チーズタルト」にこだわり、その製法、素材選び全てにおいて「人生で一番美味しいチーズタルト」を本気で追求している「BAKE」が、バレンタイン限定のスイーツを発表しました。もちろんチョコレートを使った「チョコチーズタルト」なのですが、そのパートナーに選んだのが京都にあるチョコレートファクトリー「Dari K(ダリケー)」。今、フードトレンドのキーワードのひとつになっている「Bean to Bar」において、日本の先駆け的な存在です。「Dari K」が創業したのは2011年。生産量が世界2位にもかかわらず、品質の関係で日本にほとんど入ってこず、安価なカカオとして取り扱われていたインドネシア産に注目しました。「Dari K」の創業者である吉野慶一さんは、インドネシアの生産者をトレーニングし、カカオにとって重要な工程である発酵の仕方を伝え(それまでは早く現金化するために工程を省いていた)、品質の向上に成功。まさに自力でフェアトレードの仕組みを作り適正価格で仕入れたカカオを粉砕、焙煎しチョコレートに加工し販売するところまで一貫して手がけている企業なのです。

このコラボレーション商品が完成する過程において、BAKEの社員がDari Kのインドネシアの農園を訪れ、実際にカカオの収穫、製造過程を体験。今シーズン収穫したてのカカオと、そのカカオを使ったチョコレートを贅沢に使用しています。BAKEのクリームチーズの爽やかな酸味と、カカオ本来のフリーティーな香り、そしてカカオを練り込んだサクサククリスピーなタルト生地、まさに互いの特徴を活かした素晴らしいコラボレーションなのです。

この時期だけのスペシャルペッケージをご用意しつつ、2月3日(金)〜2月14日(火)までの期間限定発売。国内の「BAKE CHEESE TART」全店で各日数量限定で販売されます。行列は覚悟しなければなりませんが、きっと並ぶ価値がある、今しか食べられないチョコチーズタルト。ぜひ召し上がってみてください。

BAKE CHEESE TARTベイク チーズ タルト

都内の店舗は自由が丘店、ルミネエスト新宿店、池袋店、北千住店、立川店の5店舗

BAKE CHEESE TART

URL:
http://bakecheesetart.com/valentine2017/

更新: 2017年2月2日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のNEWS記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop