GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

クラブハリエ「ボンボンショコラ」|紙採集家・堤信子の「日本の包み紙」

美しい日本の包み紙をこよなく愛するフリーアナウンサーの堤信子さん。新連載「紙採集家・堤信子の『日本の包み紙』」では、堤さんがセレクトした包み紙の美しいギフトをご紹介。堤さんのようにワンランク上の“贈り上手”になってみませんか?

ヴァレンタイン2021は、クラブハリエのチョコレートに注目

滋賀県の菓子店「たねやグループ」の洋菓子ブランド「クラブハリエ」は、バームクーヘンがあまりにも有名ですが、そのクラブハリエが作るチョコレートが、とても美味しいという噂……少し前から聞いていました。今回いただいてみたら……その素材の良さと繊細な味わいに目から鱗!!

2021年のヴァレンタインシーズン、各社が美味しさと華やかさを競い合う中、あらためて注目したいのが「クラブハリエ」のボンボンショコラです。

フルーツやプラリネ、抹茶、紅茶、スパイス、和素材、蜂蜜、日本酒、洋酒などなど、テーマに特化したショコラアソートがずらりと勢揃い。新作を含めて、19のテーマ、計55種類のボンボンショコラのが楽しめます。一つのブランドで、これだけの種類のアソートを出しているところは珍しく、チョコレートにかける熱い想いが、ひしひしと伝わってきます。

テーマごとにパッケージデザインも違っていて、眺めているだけでうっとり、箱好きの私は全部コレクションして並べたいくらい!

色々なテーマをまず味わってみたい人は、ショコラティエ厳選の9粒が入った「ショコラアソート2021」(3,564円/税込)がおすすめ。

自分でテーマを選ぶなら、3個入りボックスで!

ちなみに私は、19テーマの中から、「カカオミルク」(上段左)「抹茶」(上段右)そして新作の「苺」(下段)の3テーマを選んでみましたが、例えば、「抹茶」ボックスは、近江で育った甘みのある朝宮抹茶を使用したショコラ、宇治抹茶「京の緑」を使ったショコラ、穏やかな旨みとコクが特徴の西尾抹茶が入ったショコラ、といった具合に、一粒一粒、抹茶の種類が全てちがうショコラが入っているなんとも贅沢なボックス。

また、「苺」ボックスは、キャラメルと苺を組み合わせたショコラ、苺のジュレとホワイトガナッシュのハーモニーを楽しむショコラ、あまおうピューレをふんだんに使用したショコラ、という風に同じテーマでありながら、一粒ずつ変化するおいしさを堪能できる魅惑のボックスなのです。

贈る相手の好みに合わせて、また自分へのご褒美に、豊富なテーマから選べる楽しさは、クラブハリエのボンボンショコラならでは!

店舗限定のものもあるようですので、詳細は、クラブハリエのホームページをご覧くださいね!

クラブハリエHP http://clubharie.jp/

堤 信子

堤 信子

立修猷館高校から青山学院大学経済学部を卒業後、FBSにアナウンサーとして入社、その後フリーに。NTV「ズームインスーパー」TBS「はなまるマーケット」朝の情報番組でレギュラーを長年務めるなど、TV、ラジオ、講演、司会などで幅広く活躍中。 また、エッセイストとして、感謝をテーマにした著書などを始め、WEBや紙面での連載も手がける。さらに、大学では、プレゼン、朗読などのスピーチ各論の授業で、学生たちの伝える力を向上させるべく、教鞭を取っている。近著に『旅鞄いっぱいの京都ふたたび』(実業之日本社)、『旅鞄いっぱいのパリふたたび』(実業之日本社)がある。

更新: 2021年1月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のGIFT記事を見る

おすすめ記事を見る


pagetop