fbpx

GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

心くすぐるハイカラな包み紙「ローザー洋菓子店」|紙採集家・堤信子の「日本の包み紙」

美しい日本の包み紙をこよなく愛するフリーアナウンサーの堤信子さん。新連載「紙採集家・堤信子の『日本の包み紙』」では、堤さんがセレクトした包み紙の美しいギフトをご紹介。堤さんのようにワンランク上の“贈り上手”になってみませんか?

色々な素材をチョコレートでコーティング

ご進物用ミックスチョコレート 3500円(税込)

「ハイカラ」という言葉は、まるでこのチョコレートの包み紙のためにあるよう。

今回ご紹介するのは、「ローザー洋菓子店」の「ロシアンチョコレート」です。都内の高級住宅地・田園調布にある創業1954年の老舗洋菓子店「ローザー洋菓子店」は、店頭売りの小さなお店(青いクッキー缶で知られる麹町の「ローザー洋菓子店」とは、半世紀以上前に経営を別にした間柄だそう)。

ちなみに、ロシアンチョコレートというのは、プラリネやクリームやゼリーなどをチョコレートでコーティングしたお菓子のことですが、こちらの名物でもある「ロシアンチョコレート」には、「コーヒー」や「ヌガー」「ウィスキー」「プラム」など、様々な種類があります。

フレーバーごとに違うデザイン

そして、その種類ごとに包み紙のデザインが違うところが、人気の秘密。

1954年の創業当時から、このレトロなデザインは変わっていないそう。このロシア文字とともに描かれたイラストは、当時一世を風靡したとのことですが、長く時を経た今でも、心くすぐられる不思議なオーラを放っています。袋入りでも購入できますが、オススメはご進物用ミックスチョコレート。

缶を開けた瞬間に、このカラフルな包み紙が目に飛び込んでくる楽しさは、包み紙が好きな私だけでなく、きっとみなさんにも感じていただけることでしょう。

チョコレートは、どれもホッとする懐かしいお味。手作りの温かさが伝わってくる感じで、これは同じく人気のクッキーにも通じるところがあります。

ミックスクッキー 1950円(税込)

かわいい包み紙の二次使用法は?

優しくホッとするお味というのは、忙しい日々を送る現代人にとって、欠かせないおやつの条件ではないかと……ローザーのお菓子をいただくたびに思ってしまう私です。

さて、ロシアンチョコレートの包み紙ですが、眺めたり触ったりしているだけでも十分楽しいのですが(薄紙独特のしゃりしゃりという音が大好きなのです)、せっかくなので、無地の箱にパッチワークのように貼って、ロシアンボックス!? なる物を作ってみようかと思っています。上手にできたら、このコーナーでまたご紹介しますね!

※2019年10月より価格改定の予定があるため、詳しくは店舗にお問い合わせください。

堤 信子

堤 信子

昭和女子大学、青山学院女子短期大学、法政大学兼任講師、フリーアナウンサー、エッセイスト。福岡県生まれ。福岡県立修猷館高校から青山学院大学経済学部を卒業後、FBSにアナウンサーとして入社、その後フリーに。NTV「ズームインスーパー」TBS「はなまるマーケット」朝の情報番組でレギュラーを長年務めるなど、TV、ラジオ、講演、司会などで幅広く活躍中。 また、エッセイストとして、感謝をテーマにした著書などを始め、WEBや紙面での連載も手がける。さらに、大学では、プレゼン、朗読などのスピーチ各論の授業で、学生たちの伝える力を向上させるべく、教鞭を取っている。近著に『旅鞄いっぱいの京都ふたたび』(実業之日本社)、『旅鞄いっぱいのパリふたたび』(実業之日本社)がある。

ローザ―洋菓子店

住所:
東京都大田区田園調布2-48-13
TEL:
03-3721-2662
アクセス:
田園調布駅から徒歩5分
営業時間:
10:00~18:30
定休日:
日曜・祝日
URL:
https://roza-denenchohu1954.jimdo.com/

更新: 2019年9月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop