GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

麦の香ばしさに、通が唸る一本「特蒸泰明」藤居酒造|贈りたい、日本のお酒

ホームパーティの手土産や、外国の友人へのプレゼントなど、大切な人への贈り物におすすめしたい“日本の”美味しいお酒をご紹介する連載「贈りたい、日本のお酒」。焼酎にスポットを当てた3回のプレゼンターは、広尾のフレンチレストラン「à nu, retrouvez-vous(ア・ニュ ルトゥルヴェ ヴー)」のソムリエ・稲毛友紀さんです。

月に一度はどこかの蔵元に足を運ぶという稲毛さん。フレンチとのペアリングに焼酎を積極的に取り入れ、味はもちろん、肌で感じた造り手の想いや職人仕事を、ソムリエとしてお客様に伝えています。

立ち上る麦の香ばしさに通も驚く「特蒸泰明」

「焼酎がお好きな人に、自信を持って贈りたい一本です。『こんな焼酎あったんだ』と、喜んでいただけると思います」。稲毛さんがそう話す理由は、「特蒸泰明」ならではの豊かな麦の香りにあります。その香りを生み出しているのが常圧蒸留。蒸留機内の気圧を下げ低温で蒸留する減圧蒸留とは異なり、常圧蒸留ではもろみを100℃ほどの高温に熱します。そのため、キャラメルができる原理と同じように、もろみに含まれる糖分とアミノ酸が高い熱と反応し、独特の香ばしさが生まれるのだそう。鼻に抜ける焼けた麦を思わせる香りがとても印象的です。

「ここまではっきりと麦らしさを感じるものは珍しいですね。カラッと揚げた天ぷらや、サクサクのクルトンなどを加えたポテトサラダがすごく合いますよ」。また、稲毛さんがもう一つすすめてくださったお供がカラスミ。カラスミ特有の風味とコクが「特蒸泰明」の香りと一体になって広がり、甘みに似た味わいを感じます。

焼酎だからといってタンブラーに限らず、いろいろな器で楽しんでほしい、と言う稲毛さん。「これから夏に向けては、冷酒用のぐい呑みで飲むのもいいと思います。器一つで気分も変わりますよ」。チョコレートとの相性もいい「特蒸泰明」は、食後酒としての楽しみ方も。おしゃれなぐい呑みに注いで、ストレートでじっくり飲むのもおすすめです。

お酒好きの方に自信を持って贈ることができる一本。稲毛さんおすすめの食材と合わせて、または楽しみ方を一筆添えて贈れば、より喜んでもらえること請け合いです。

藤居醸造

住所    :大分県豊後大野市千歳町新殿150-1
TEL     :0974-37-2016
URL     :http://www.taimei-fujii.co.jp/ 

稲毛友紀

RECOMMENDER 稲毛友紀

1989年3月8日生まれ、東京出身。Restaurant A NU Chef Sommelier。
22歳より飲食業界に入り都内のフレンチレストラン、ワインバーやコンクールなどで経験を積む。2017年4月よりレストランアニュの姉妹店【ロムデュタン】のオープン立上げからシェフソムリエとして勤務。ワインに限らず、国酒である日本酒、焼酎酒蔵や茶農家を周りながら情報を収集し、ワインのみならずボーダレスに飲料の本質を伝える。それらを使用したペアリングも定評がある。

à nu, retrouvez-vousア・ニュ ルトゥルヴェ ヴー

住所:
東京都渋谷区広尾5-19-4 SR広尾ビル1F
TEL:
03-5422-8851
アクセス:
東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩5分
営業時間:
ランチ 11:30-13:30(L.O.) / ディナー 18:00-21:00(L.O.)
定休日:
火曜日
URL:
http://www.restaurant-anu.com/index.html

更新: 2019年6月14日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop