fbpx

GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

味もデザインで魅了する「彩果の宝石」のフルーツゼリー|紙採集家・堤信子の「日本の包み紙」

初めて出会った、手が止められないフルーツゼリー

ゼリーは好きだけど、ゼリー菓子は甘くて、どれも同じ味なのでちょっと……という私の先入観をみごとに打ち砕いたのが、ここ「彩果の宝石」のゼリー菓子でした。

最初の出会いは数年前、苺缶に入ったものをいただきました。まず、その缶のレトロ可愛さにに、一目惚れ! そして、その後に口にした、イチゴのゼリー菓子の美味しかったことといったら!

その後、一粒では止まらなくなり、レモン、ぶどうと、様々なフルーツのゼリー菓子を立て続けにいただいた私。一粒一粒に自然な果物の香りと味をちゃんと感じることができて、小さな感動を覚えたことを今でも思い出します。

形も味も“百花繚乱”

 「彩果の宝石」は、今や全国各地の有名デパートでも大人気のお菓子ブランドで、カラフルで華やかなウィンドウの前は、いつもお客さんでいっぱいです。

美味しさの秘密は、柑橘類の果皮から抽出したペクチンを利用して、ていねいにゼリーが作られていることと、高品質な果物の果汁や果肉をふんだんに使っていること、そしてその種類の多さ! 果物をかたどったゼリーだけで29種類、果物の形以外にも花や葉の形をしたゼリーもあり、ヨーグルト味やハーブ風味のものなど、様々です。

昭和レトロな缶にも注目

そして、美味しいものは綺麗な箱に入っている!

「彩果の宝石」のアイテムで特に私が好きなのは、苺缶ともうひとつ、こちらの花ゼリー丸缶入。この丸缶のバラ模様が、なんとも昭和レトロな感じでいいですよね。

蓋を開けると、円を描くように並べられている色とりどりのバラのゼリーとそのディスプレイは、本当に美しくて贈り物に最適です。

ちなみに、私の丸缶の再利用法、ご紹介しますね!

アートフラワーをいっぱいに敷き詰め、アロマオイルを数滴垂らして、テーブル上のフラワーアレンジメントとして。または、ドライフラワーを入れるのもオススメです。苺缶の方は、長方形なので文具類を入れるのにぴったり。

心華やぐ春の贈り物に、みなさんも是非!

彩果の宝石

彩果の宝石

URL:
https://www.saikano-hoseki.jp/

更新: 2019年4月5日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop