fbpx

GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

京都老舗「京菓子司 亀屋良長」の春のお菓子|紙採集家・堤信子の「日本の包み紙」

美しい日本の包み紙をこよなく愛するフリーアナウンサーの堤信子さん。新連載「紙採集家・堤信子の『日本の包み紙』」では、堤さんがセレクトした包み紙の美しいギフトをご紹介。堤さんのようにワンランク上の“贈り上手”になってみませんか?

私の春の贈り物の定番「富久福」

富久福 2,700円(税込)

優しい春色のお菓子が並ぶ季節になりました。

今回は、私が大好きな「京菓子司 亀屋良長」の和菓子です。贈り物の季節でもある春には、一目で相手の心をつかむパッケージにしたい……まずは「富久福」

小さな3段の桐箱に入ったお干菓子詰合せですが、重なると少しずつ大きさが違うのが特徴。京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」の伊勢木綿製の小ぶりの風呂敷に包まれている姿の可愛らしさに、思わず笑みがこぼれます。お干菓子は、紅白の小梅、久寿玉、たねあわせ、松竹梅、松葉で、ずっと眺めていたくなる美しさ。私の春の贈り物の定番です。

桜の時季限定菓子が入った詰め合わせ

春の詰合せ(円山の桜) 2,473円(税込)

「亀屋良長」にはほかにも春のお菓子がたくさんあり、一つに絞りきれない時には、春のお菓子の詰め合わせがオススメ。桜の時季限定のお菓子が2種と、「亀屋良長」を代表するお菓子「鳥羽玉」のセットです。

一つずつ紹介しますね。

まずは、京都の桜の風景を表した「円山の桜」。

桜の花と花びらの型でくり貫いた桜色の白餡の羊羹と、桜の花の塩漬けを入れた餅羊羹入りの、錦玉羹(きんぎょくかん)。お客様にお出しすると必ず歓声が上がるお菓子で、京都の春景色がお菓子でみごとに表現されています。

そして「京半月(桜)」、春の新作です。

こし餡と、宇治抹茶餡を種煎餅ではさんだお菓子で、春の焼印入りなのがなんとも風流です。繊細なお菓子なので、ていねいに個包装されています。そして「京半月」には、桜柄のかけ紙がかけられるのもうれしいところ。この掛け紙のモダンなデザイン、大胆でいいですよね。昨年出演した「マツコの知らない世界」のスタジオにも、私のコレクションとしてディスプレイさせていただきました。

3つ目は、「亀屋良長」の代表銘菓「鳥羽玉」

これは創業より作り続けているお菓子で、波照間島(はてるまじま)産の黒糖を使ったこし餡に、寒天とけしの実をかけたもの。甘いものをちょっと一口いただきたい時に、私はコーヒーのお供にします。

目が離せない、温故知新の名店のチャレンジ

創業1803年の老舗、「亀屋良長」。京都本店の店先から湧き出る「醒ヶ井(さめがい)の水」を用いるなど、和菓子の美味しさを左右する良質な水にもこだわり、厳選した材料でていねいな菓子づくりを続ける一方で、ジャンルを越えたコラボレーションにもどんどん挑戦するなど、いつも目が離せない京菓子屋さんです。新しいお菓子と粋なパッケージ、これからも期待しています。

堤 信子

RECOMMENDER 堤 信子

昭和女子大学、青山学院女子短期大学、法政大学兼任講師、フリーアナウンサー、エッセイスト。福岡県生まれ。福岡県立修猷館高校から青山学院大学経済学部を卒業後、FBSにアナウンサーとして入社、その後フリーに。NTV「ズームインスーパー」TBS「はなまるマーケット」朝の情報番組でレギュラーを長年務めるなど、TV、ラジオ、講演、司会などで幅広く活躍中。 また、エッセイストとして、感謝をテーマにした著書などを始め、WEBや紙面での連載も手がける。さらに、大学では、プレゼン、朗読などのスピーチ各論の授業で、学生たちの伝える力を向上させるべく、教鞭を取っている。近著に『旅鞄いっぱいの京都ふたたび』(実業之日本社)、『旅鞄いっぱいのパリふたたび』(実業之日本社)がある。

亀屋良長 本店

住所:
京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
TEL:
075-221-2005
営業時間:
9:00~18:00(茶房 11:00~17:00)
定休日:
年中無休(元旦、2日除く)
URL:
http://kameya-yoshinaga.com/

更新: 2019年3月1日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop