fbpx

GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

「天神囃子(てんじんばやし)」魚沼酒造 おめでたい席にぴったりな祝い唄が聞こえてくるお酒|贈りたい、日本のお酒

「蔵元はアーティストであり、そこから生まれる日本酒はアート作品」と断言する、五反田の裏通りにひっそりとたたずむ酒販店兼飲食店経営者の桑原康介さん。自らもそのプロデュースに大きく関わったという、新潟・十日町で醸される「天神囃子」の誕生秘話とは。

桑原さん自らリデザインに携わったお酒

リニューアル前の天神囃子。富山県高岡市の名門鋳物メーカー「能作」の錫酒器を使い分ける。

今回おすすめするボトルは、水引をモチーフにボトル全体にさまざまな色彩のストライプをあしらったものです。これは「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」をきっかけに生まれました。地元の名産品をリデザインするプロジェクトにおいて、デザインも公募して約900点に及ぶ応募の中から選ばれたものです。酒蔵の思いをアートの手を借りてリニューアルし、従来とは違うマーケットを開拓する商品を目指しました。地域の資源を発掘して公募・選抜・協働・販促という一連の流れを作るように全体のマネジメントを担当させてもらいました。結果的にこの取り組みはパブリックコミュニケーション部門のグッドデザイン賞もいただきましたし、この商品単体では海外でもアジアデザイン賞で金賞にも輝きました。その時の2位が、発売したばかりのiPadでしたから、大したものだと思いませんか。

・天神囃子 アートボトル 特別本醸造 932円(税別)・天神囃子 アートボトル 特別純米酒 1,220円(税別)

雪深い十日町で生まれた新潟らしからぬ味わい

新潟でも指折りの豪雪地帯である十日町市にある魚沼酒造。

この思い入れのあるお酒に出会ったのは20年近く前の大学生の時です。先ほど話した「大地の芸術祭」の仕事で十日町に住んでいました。初めて飲んだ時に「すごく美味しいな」と日本酒に対する印象が変わりました。新潟は淡麗辛口のお酒が多いのですが、この「天神囃子」は淡麗旨口系のお酒です。「天神囃子」というのは、昔から魚沼地方で唄い続けられている「祝い唄」のこと。魚沼酒造は明治6年に創業された歴史のある蔵元ですが、越後の酒米を魚沼産系の伏流水で仕込んだ豊かな味わいが特徴です。全国酒類コンクールの本醸造部門でも1位に輝いたことがあるくらいの実力派の蔵元でもあるんです。

燗酒で味噌仕立てのモツ煮に

地元の豚を使った「モツ煮」(450円/税込)も少し薄味にし、日本酒の味わいを損なわないように工夫。

この「天神囃子」には味噌仕立てのモツ煮を合わせてみました。雪深い十日町は海からは新鮮なものが届かず、味噌や納豆などの発酵食品や、日持ちのする根菜類がよく食べられていた地域。いまでも牛肉はあまり食べる文化がなく、豚肉がポピュラーな存在です。魚沼地域の豚を使ったモツ煮を、ぬる燗の「天神囃子」のキリッとした感じで召し上がっていただきたいです。

このお酒は、地元でも結婚式や記念日のお祝い事の時に振る舞われてきました。ボトルのネックに紅白の水引を配したペアにしていただければ、結婚式の引き出物にぴったりだと思います。家を新築する時の棟上げ式で、皆さんに配ったりするニーズもあるようです。あるいは、おめでたい席に呼ばれた時に持参するのも素敵だと思います。加えて、300mlという小ぶりなボトルに簡易箱も用意されていますから、海外へお土産として持っていくのもかさ張らずに重宝します。

「珍味三点盛り」(500円/税込)は、燻製豆腐、イカ味噌美人など、発酵食品や保存食品のしっかりとしたうま味で、天神囃子の杯がすすむ。

<酒蔵データ>

魚沼酒造
新潟県十日町市中条丙1276
TEL:025-752-3017
URL:http://www.tenjinkk.com/index.html

桑原康介

RECOMMENDER 桑原康介

株式会社桑原商店代表取締役。五反田で100年続く酒販店の4代目。美大のデザイン学科を卒業後、NPO法人越後妻有里山協働機構を経て、2014年より家業の酒販店にアートやデザインのマネジメントをする部門を新たに設け、精力的に活動中。2018年12月に倉庫をリノベーションした酒販店兼飲食店「桑原商店」をオープンさせる。日本酒好きだけでなく、アートファンも巻き込み、ファンが急速に拡大中。

桑原商店

桑原商店

住所:
東京都品川区西五反田2-29-2
TEL:
03-3491-4352
アクセス:
JR山手線・都営浅草線 五反田駅より徒歩4分、東急池上線大崎広小路駅より徒歩3分
営業時間:
10:30-21:00(飲食17:00-21:00L.O)
定休日:
日曜日・祝日
URL:
http://to-plus.jp/

写真・安野 淳洋 文・高杉 公秀

更新: 2019年3月22日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop