GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

アルプスワインの「ジャパニーズスタイルワインシリーズ」|贈りたい、日本のお酒

今回は、日本ワインを中心に各誌での執筆やWEBでのイベント企画、ワイン専門誌でもテイスターとして活動する福田克宏さんに選んでいただきました。福田さんが選ぶ、“気軽に贈りたい”日本のワインとは、山梨県にあるアルプスワイン「ジャパニーズスタイルワインシリーズ」。

日本ワインの産地の山梨県で、もっとも長らく知られているエリアが「勝沼」。老舗から新興ワイナリーまで、数十のワイナリーが密集する超激戦区です。しかしながら、いま面白いのはその周辺に広がるエリアです。なかでも私が注目しているワイナリーが、勝沼からひと続きに隣接する笛吹市の「アルプスワイン」。その名の由来は、甲府盆地の向こう正面に南アルプスの山々がワイナリーから見えることから。兄が営業、弟が醸造、妹が販売を担当している、小さな家族経営ワイナリーです。

広がる畑のなかに、ひときわ存在感のある「アルプスワイン」。

山梨県の赤ワインといえば、このマスカットベーリーA。

この「ジャパニーズスタイルワインシリーズ」は、日本で生まれた品種の特徴や魅力を引き出し、日本ならではのシンプルでエレガントな美味しさを追求するというのがコンセプト。そのためステンレスタンクのみを使って非常にシンプルに造られます。となると、誤魔化せずワインに映し出されてしまうのが、素材であるブドウの品質と醸造家の腕前なのですが、国内最高峰の「日本ワインコンクール」で金賞を複数回獲得。アジア最大のコンクール「JapanWineChallenge」でもプラチナ金賞を獲得し、高い評価を受けて海外へ輸出されているなど、すでにその評価は折り紙つきです。

使われるブドウはすべてワイナリーのある笛吹市産。赤ワインで使われる品種はマスカット・ベーリーA。ルビー色の明るい色合い、フランボワーズやチェリーなどの親しみやすい香りが華やかで心地よく、味わいは渋みも穏やかでほどよい酸味があるため、しなやかで飲みごたえもあるワイン。

白ワインで使われている品種は、デラウエアと甲州。食用として知られるあのデラウエアですが、なんと、グレープフルーツなど爽やかな柑橘の香りが引き出され、鮮やかな酸味が活きたキレのある辛口スタイル。揚げ物や青魚の刺身、醸造家の前島良さんいわく「あさりの酒蒸しとの相性が最高!」というほど、日本食にも合わせやすく、この品種の新しい可能性を引き出したワインです。

いまや日本ワインを代表する品種となった甲州から造られたワインからは、白い花、洋ナシ、和の柑橘を感じさせる香り、鮮やかな酸味があって、天ぷらや出汁を感じる繊細な和食から、魚介を使ったイタリアンなど、旨み系の料理にぴったりです。

まさに日本ならではの品種の魅力を味わうなら、もってこいのワインですね。ワインが好きな人ほど奥深さを感じていただけるでしょうし、よいワインならではの「飲みやすさ」があるワインなので、どんな人に贈っても喜んでいただけると思いますね。

醸造担当の前島良さん。飲んだお酒と自作のこだわり料理をFacebookに日々公開している。

■ジャパニーズスタイルワイン ベーリーA 2017 1,836円(税込)

■ジャパニーズスタイルワイン デラウェア 2017 1,836円(税込)

■ジャパニーズスタイルワイン 甲州 2017 1,836円(税込)

※いずれもワイナリーオンラインショップ価格

福田克宏

RECOMMENDER 福田克宏

日本ワインを中心に各誌での執筆やWEBでのイベント企画、ワイン専門誌でもテイスターとして活動。Twitter、FacebookのIDはtakoyakibouzu

更新: 2018年12月13日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop