GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

東京駅をモチーフにした限定品 TORAYA TOKYOの「小形羊羹『夜の梅』」|紙採集家・堤信子の「日本の包み紙」

美しい日本の包み紙をこよなく愛するフリーアナウンサーの堤信子さん。新連載「つつみファイル」では、堤さんがセレクトした包み紙の美しいギフトをご紹介。堤さんのようにワンランク上の“贈り上手”になってみませんか?

東京ステーションホテルにある「とらや」初のコンセプトショップ

今回ご紹介するのは、東京駅に隣接する「東京ステーションホテル」の一角にある「TORAYA TOKYO」限定の小形羊羹セットです。

ここは、「とらや」「とらやパリ店」「TORAYA CAFE」「とらや工房」各ブランドの選りすぐりのお菓子を集めた、「とらや」初のコンセプトショップ。

「とらや」といえば、日本を代表する名店で、室町時代後期から続く老舗の和菓子屋さん。誰しも一度は、「とらや」の羊羹を口にしたことがあると思います。

意外とマッチする、「とらや」の羊羹とコーヒー!

私は、「とらや」の小形羊羹が大好きで、特にコーヒーに合わせるおやつの定番として、自宅に常備しています。種類としては、小倉羊羹「夜の梅」、黒砂糖入り羊羹「おもかげ」「紅茶」「はちみつ」、そして、抹茶入り羊羹「新緑」の5種が定番です。

私が個人的にコーヒーによく合うと思うのは、大定番の「夜の梅」。

一杯のコーヒーに一口サイズの「夜の梅」……私にとっては、至福のコーヒータイムです。

ちなみにこの菓銘、切り口の小豆の粒が、夜の闇にほの白く咲く梅の花を思わせることに由来しているそう。その奥ゆかしさに通じるのか、上質な小豆の風味を感じさせる品のいい存在感……。これまで数え切れないほど頂いていますが、決して飽きることのないその美味しさに、名店のこだわりを感じます。

ここだけでしか入手できない、「TORAYA TOKYO」限定パッケージ

TORAYA TOKYO限定パッケージ 小形羊羹5本入り(夜の梅) 1,404円(税込)

さてさて、前置きが長くなってしまいました。

小形羊羹「夜の梅」、定番品はシックな紫色のパッケージに入っているのですが、贈り物をするときに、最近私が頻繁に利用しているのが「TORAYA TOKYO」の限定セット。

ここでは、定番の小倉羊羹「夜の梅」が、東京駅丸の内駅舎をモチーフにした「TORAYA TOKYO」限定パッケージに入っていて、外箱だけでなく、1本ずつのパッケージもオリジナルというところも、箱好きの心をつかみます。これは、パリ在住の画家、P.ワイズベッカー氏が描きおろしたもので、ここでしか手に入れることができない限定箱です。

「夜の梅」5本入りの小ぶりな箱なのですが、通常のパッケージが黒なので、白に駅舎のデザインの箱というだけで、東京土産としては十分なインパクトがあります。オレンジの紙袋もちょっと特別感があっていいですよね!

ちなみに、「TORAYA TOKYO」ですが、ショップ販売だけでなく喫茶でお食事もできるお店なので、ゆっくりお出かけになってみてはいかがでしょうか?

堤 信子

RECOMMENDER 堤 信子

昭和女子大学、青山学院女子短期大学、法政大学兼任講師、フリーアナウンサー、エッセイスト。福岡県生まれ。福岡県立修猷館高校から青山学院大学経済学部を卒業後、FBSにアナウンサーとして入社、その後フリーに。NTV「ズームインスーパー」TBS「はなまるマーケット」朝の情報番組でレギュラーを長年務めるなど、TV、ラジオ、講演、司会などで幅広く活躍中。 また、エッセイストとして、感謝をテーマにした著書などを始め、WEBや紙面での連載も手がける。さらに、大学では、プレゼン、朗読などのスピーチ各論の授業で、学生たちの伝える力を向上させるべく、教鞭を取っている。近著に『旅鞄いっぱいの京都ふたたび』(実業之日本社)、『旅鞄いっぱいのパリふたたび』(実業之日本社)がある。

TORAYA TOKYOトラヤ トウキョウ

TORAYA TOKYO

住所:
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル 2F
TEL:
03-5220-2345
アクセス:
東京駅丸の内南口 徒歩1分
営業時間:
[月~土・祝前] 10:00~21:00(L.O.20:30) [日・祝] 10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:
年中無休
クレジットカード:
カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
URL:
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=14

更新: 2018年10月5日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop