GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

季節のおくりもの|創業1717年、老舗の春の味 長命寺桜もちの「桜もち」

だんだんと暖かくなり、春を感じられるようになってきました。桃の節句も近いということで、この時期に欠かせない「桜もち」のご紹介です。関東風桜もちの元祖、向島は長明寺桜もちはいかがでしょう?

みなさん、桜もちに関東風と関西風があるのをご存知ですか? 全国的に主流になっているのが道明寺桜餅。こちらは京都が発祥で、水に浸して蒸したもち米を干して粗く挽いた道明寺粉を使って作ります。団子型で中にあんこが入っており、お米の形が残っていて表面がぶつぶつしている桜もちです。そして関東風は長明寺桜餅。小麦粉を水で溶いて薄く伸ばし焼いた生地であんこを巻くスタイルです。

今回ご紹介する向島の「長明寺桜もち」は創業1717年で、この関東風の桜餅の発祥のお店とされています。なんでも初代・山本新六が長明寺というお寺の門番をしていて、掃除をしてもなくならない桜の葉をなにかに使えないか、というところから発想したという話もあるとか。そのころから製法は変わらず、餅も一枚一枚職人の手作りで焼いていて、添加物も一切なし。ただ、売り出した当初は桜の葉の塩漬けではなく、醤油漬けだったとも言われています。隅田川と言えば桜の名所。長明寺の参拝客に、桜見物の人々に人気のお菓子だった言われており、歌川国芳の浮世絵に描かれていたり、正岡子規の歌にも登場したりと、長い間慕われ続けてきたことがうかがえます。

長明寺桜もちのお餅の特徴は何と言っても1つのお餅を3枚で包んでいる桜の葉。お店の方に聞くと「香り付けに使っているものなので、取って召し上がるのがおすすめ」とのことですが、1枚だけ残して食べるという方もいるとか。葉っぱだけ食べてみると、けっこう塩けが強いことに気づきます。白くて薄いモチモチのお餅には桜の香りと、ほのかに塩味がつき、中に包まれた餡の甘さが引き立てられて、なんとも美味しい。餡自体は甘さが控えめですが、桜の葉によって味わいがより強調されているのです。

お値段は6個入りで1,350円。店内でも1個300円でいただけて、美味しいお茶も付いてきます。添加物が入っていないため、美味しくいただけるのはその日中。近くにこちらも老舗の「言問団子(http://foodport.jp/gift/18645.html)」もあるので、老舗の和菓子屋さん巡りをしながら界隈を散歩してみるのもおすすめです。

長明寺桜もちチョウメイジサクラモチ

長明寺桜もち

住所:
東京都墨田区向島5-1-14
TEL:
03-3622-3266
営業時間:
8:30~18:00
定休日:
月曜日
URL:
http://www.sakura-mochi.com/

更新: 2017年2月24日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop