fbpx

ピンクグレープフルーツのネグローニで ロンドンの爽快な夏を満喫|Suntory ROKU × Yashin Ocean House

英国に端を発したクラフトジン・ブームは、海を越えて瞬く間に世界中に伝播し、今やジンは世界各国のバーで熱い視線を集めています。このトレンドを追い風に、ジンベースのカクテルも人気上昇中。ロンドンの美食家の間で人気の高級日本食レストラン「ヤシン・オーシャン・ハウス」は、夏の新メニューに日本発のクラフトジン「ROKU」とピンクグレープフルーツを使った特製ネグローニを提案しています。

気鋭のミクソロジストたちに話題の、日本発のプレミアム・クラフトジンROKU

オランダの蒸留酒を起源に、19世紀初頭、洗練された味わいを持つ「ロンドン・ドライジン」を生み出した英国。このジンのメッカに昨年上陸して以来、日本発のクラフトジンROKUは、ロンドンのバー業界で高い評価を得ています。ジンは、蒸溜酒にジュニパーベリー、ハーブやスパイスなどのボタニカルを浸漬してつくられますが、ROKUはこのボタニカルに、日本ならではの6種類の素材(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を使用。ロンドンの高級住宅地・サウスケンジントンに位置するハイエンドな日本食レストラン「ヤシン・オーシャン・ハウス」では、この春からROKUを使ったオリジナルカクテルをメニューにオンリスト。看板料理の新鮮な地元の魚介類を使った江戸前鮨や刺身とも相性がいいROKUカクテルは、食前酒としてだけではなく、食中酒としてもおすすめです。

夏に相応しい“甘苦い”味わいにこだわった、特製ネグローニ

ヘッドソムリエ・織田楽さん

同店の春のバーメニューで好評だったROKUの特製マティーニ「マッチャ・ロクティーニ」に続き、この夏オンリストされるのは、生搾りのピンクグレープフルーツを使った「ネグローニ」です。ネグローニとは、ドライジン、カンパリ、スウィートベルモットでつくられる、世界で人気のイタリアンカクテル。「全てアルコールベースから作られるオリジナルレシピは、アルコール度数が高く、夏に軽く飲むには少し強すぎます。当店では、ベルモットの代わりに、搾ったピンクグレープフルーツを加えてアルコール度数を下げ、爽やかで飲みやく仕上げています。夏場のカクテルは、適度な苦味と酸味、そして甘みとの調和が重要。カンパリの穏やかな甘みと独特の苦味、ピンクグレープフルーツの柑橘系のナチュラルな甘みと苦味というように、“甘苦さ”を際立たせたカクテルです」と語るのは、同店のヘッドソムリエ・織田楽さん。また、「日本固有のボタニカルに由来する繊細な味わいを特徴とするROKUは、カクテルを構成する素材の味わいを邪魔せず、それぞれを引き立ててくれます」。

*ピンクグレープフルーツ・ネグローニ

ROKU 30ml
カンパリ 30ml
生搾りピンクグレープフルーツ 60ml
シロップ 小さじ1杯
ミント 4-5枚
オレンジビター 数滴
*ガーニッシュは、乾燥させたグレープフルーツの薄切りとミント。クラッシュドアイスを使用

土佐酢ジュレをトッピングしたサーモン握りと、柑橘味あふれるネグローニのペアリング

ヘッドシェフ・池田伸也さん

「当店のすし飯は、酒粕を醸造させた赤酢を使っているので、旨みに富んだ奥行きのある味わいが特徴。その握りに、きれいな酸と甘苦さにこだわった特製ネグローニを合わせることで、口に広がるすし飯の深い味わいをさらに感じていただけると思います」と語るのは、同店の共同創設者の一人であり、ヘッドシェフとして厨房を指揮する池田伸也さん。すし飯もさることながら、スコットランドから直送される脂ののった絶品のサーモンも店の一番人気メニューです。握りのトッピングは土佐酢ジュレとポン酢ジュレの2種。カクテルのピンクグレープフルーツの柑橘味が食欲をそそり、加えて酸味と旨みを持つ土佐酢ジュレがカクテルとサーモンのつなぎ役となって、黄金のマリアージが完成します。爽やかなブルーがひときわ目をひく、溶岩石でつくられたという特注のタイルに盛られた艶やかなサーモンの握りは、まるで宝石のよう。そこにクラッシュドアイスに注がれたネグローニのキュートなコーラルピンクとミントの緑が呼応します。スタイリッシュなプレゼンテーションでロンドナーに定評がある「ヤシン・オーシャン・ハウス」を象徴する、夏らしい素敵なペアリングが楽しめます。

Yashin Ocean House

Yashin Ocean House

住所:
117 - 119 Old Brompton Rd, South Kensington,
London SW7 3RN
TEL:
020 7373 3990
営業時間:
12:00-15:00 (LO -14:00) 18:00-23:00 (LO -22:00)  日曜:12:00-16:30, 18:00-22:00 (LO -21:00)
URL:
http://yashinocean.com

写真・富岡 秀次 文・長谷川 ゆか

更新: 2019年7月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop