fbpx

生マグロ水揚げ日本一を誇る那智勝浦

見学も可能な迫力のあるセリ

生のマグロがずらりと並ぶ様子は勝浦市場ならでは。

クロマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ。早朝、黒光りする巨大なマグロが所狭しと並ぶ。ここは和歌山県・那智勝浦の勝浦漁港。黒潮に囲まれた天然の良港として古くから栄えた場所だが、近年は全国の漁船が集まるマグロの集積地として知られる。水揚げ高だけでいえば静岡など他県の漁港の方が上だが、その多くは冷凍マグロだ。勝浦港がこだわるのは「生マグロ」で『紀州勝浦産生まぐろ』のブランドとして市場に出される。100%はえ縄漁船による天然マグロは船上ですばやく活け締めされ冷水保存(氷温)することで、新鮮さを保ったまま港へと運ばれてくる。

「キワ」「メジ」と地元で呼ばれるキハダマグロ。あっさりした味が人気。

生マグロの魅力はなんといっても「もっちり」とした食感にある。技術は進化しているが、マグロは一度冷凍させると内部の水分が氷になり解凍した際、どうしても風味や弾力が落ちてしまう。それに引き換え、生のマグロは噛みしめると、むちっとした歯ごたえと旨みが広がり、そのおいしさに感動するはずだ。

キビキビとマグロの品質をチェックする仲買人たち。

勝浦での生マグロの水揚げは通年あるが、最も多いのは12~5月前後。なかでも最高級品であり「本マグロ」「ヨコワ」と地元で呼ばれるクロマグロは、2~4月が旬。熟成させることで旨みが増し、そのおいしさは格別だ。2018年3月には、過去最大という450キロのクロマグロが水揚げされて、話題になっている。

木札に数字を書いてセリが行われる。

市場でセリが行われるのは朝7時から、マグロが無くなるまで行われる。事前に予約すれば観光客でも見学可能だ(2階から見学する)。忙しく市場内を動き回りながらマグロを吟味する仲買人たち。入札は木札に書かれた数字で決まっていく。セリ落とされたマグロは次々に運ばれていき、鮮度を保ったまま市・県内のみならず全国へと出荷される。セリ見学以外にも、毎週日曜には朝市が開催され、生マグロはもちろん加工品、名産品などが即売され観光客に人気がある。

市街にはマグロのオブジェ。まさに那智勝浦は「生マグロの街」。熊野那智大社などの世界遺産も有する。

市内には無人マグロ販売所

・これが名物の「生マグロ無人販売」! 地元の人も利用するので遅めの午後には完売の場合も。・新鮮なマグロで評判の「中定商店」。生マグロのブロック買いができる。

マグロの街・勝浦ならではの光景。それが「マグロの無人販売」だ。人気の店のひとつが海産物問屋「中定商店」。入口のスライドドアを開けると中には冷蔵ケース。そこに、当日仕入れた生マグロの切り身がパックに入って並ぶ。料金は200円~で、地元プライスとはいえ鮮度抜群の生のマグロがこの値段とは驚く。セルフなので、横にあるボックスにお金を入れるシステム。割りばしやビニール袋なども用意されていて、さりげない心配りがうれしい。「中定商店」では生マグロのブロックや勝浦のもうひとつの名産品、伊勢海老の小売りもあるので、ぜひ利用したい。また、「中定商店」の生マグロや海鮮物を宿泊客に提供するのが、隣接した温泉旅館「かつうら御苑」。ここ以外にも、市内には生マグロを提供する食事処、居酒屋なども多い。生マグロのホンモノの美味しさに触れるなら、那智勝浦こそが行くべき場所だといえる。

勝浦を代表する温泉旅館「かつうら御苑」では、旨みぎっしりの生マグロと伊勢海老を味わえる。

居酒屋、レストランなど市内にはとびっきり新鮮な生マグロを提供する場所が数多い。マグロ好きなら那智勝浦へ!

<勝浦市場セリ見学 問い合わせ>

那智勝浦 勝浦漁協
TEL : 0735-52-0951
見学料:ひとり1,000円
前日17時までに要予約。市場の休日と太物=マグロの休日、また休日以外でも入港船が少ないと入札終了時刻が早くなることもあるので詳細は市場スケジュールを確認のこと。
※一般のセリ見学は2階で行われます。記事の画像は特別に許可をもらい撮影しています。

文・写真/トラベルジャーナリスト寺田直子

更新: 2019年6月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop