仏産プラムリキュールを使ったジンカクテルと共に、ロンドンで春を愛でる Suntory ROKU × Dinings SW3

ここ数年、英国に旋風を巻き起こしているクラフトジン・ブームを追い風に、この国の伝統ともいえる「ジントニック」をはじめ、クリエイティビティ溢れるジンカクテルがロンドンのバーシーンで注目を集めています。「ハロッズ」のほど近くに位置する高級日本食レストラン「ダイニングスSW3」では、サントリーのジャパニーズ・クラフトジン「ROKU(ロク)」とプラムリキュール「プルシア」を使った、春の花を彷彿させるカクテルが人気です。

ミクソロジストが絶賛。日本特有のボタニカルを使った繊細なクラフトジンROKU

世界に冠たる「ロンドン・ドライジン」のお膝元である英国に、2018年に上陸して以来、高い評価を得ている日本発のクラフトジンROKU。ジンとは、蒸溜酒にジュニパーベリーほか、ハーブやスパイスなどのボタニカルを浸漬して造られるお酒ですが、ROKUはこのボタニカルに、日本ならではの6種類の素材(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を使用。それぞれの旬の時季に丁寧に収穫後、素材に合った方法で浸漬し、蒸溜します。桜や柚子の優しいアロマ、滋味深いお茶の味わいや山椒のスパイシーさなどが調和したプレミアムなジンROKUは、今ロンドンのミクソロジストの間で大きな話題になっています。

フェミニンでエレガントなROKUの味わいを引き立てる、ジンカクテル“プルシアサワー”

「ROKUは、桜花や桜葉などの日本古来のボタニカルが感じられるフェミニンなジン。複雑な味わいを持ちながら、そのバランスが素晴らしい。当店でのお気に入りのジンです」と語るのは、「ダイニングスSW3」のフロアマネージャーを務めるエレノアさん。同店は、鱸のカルパッチョにトリュフを添えたり、ハマチやマグロなどの握りにハラペーニョマヨネーズをトッピングするなど、洗練されたフュージョン寿司で現地の人々に人気のスポットです。今まで2種類のジンカクテルを提供していましたが、この春、フランス産の高品質プラムでつくられたプラムリキュール「プルシア」と柚子ジュースを使った新しいROKUカクテルをオンリスト。「プルシア」の華やかな香りやフルーティーなテイストと、エレガントな味わいのROKUが、見事なハーモニーを奏でているカクテルです。甘すぎない上品なピンク色のボディ、トップには卵白をあしらい、ガーニッシュには花びらを使うなど、優美なプレゼンテーションも人気。

*プルシアサワー レシピ

ジン 25ml
プルシア プラム・リキュール 40ml
ハイビスカス・シロップ 5ml
柚子ジュース 5ml
卵白 20ml

銀ダラの繊細なテクスチャーと味わいを引き立てる、ROKUカクテル

「日本固有のボタニカルがしっかりと出ているROKUは、様々な日本食ととても合わせやすい。プルシアサワーとのペアリングは、当店のシグニチャーディッシュである、“銀ダラのグリル、アップル&ハニー”をおすすめします」と語るエレノアさん。西京味噌でマリネした銀ダラは、海外の高級日本食レストランでよく見かけますが、同店は塩麹のみでマリネするとのこと。仕上げにはアップル&ハニーソースに、刻み生姜のように見えるリンゴのスイートピクルスを添えています。「塩麹でマリネすることによって、魚の身にモイスチャーを与え、かつ自然の甘みが引き出されます。プルシアサワーの柔らかいフルーツの酸味とアップル&ハニーのフレーバーがしっくり和むペアリングだと思います」。そのボタニカル使いで、日本の四季を凝縮させたようなROKU。春を彷彿させるピンクのカクテルに続き、夏はどんなカクテルが「ダイニングスSW3」登場するのか……、今からとても楽しみです。

Dinings SW3

Dinings SW3

住所:
Walton House, Lennox Gardens Mews, Walton St., London SW3 2JH
TEL:
+33(0)20 7723 0666
営業時間:
Lunch 12:00-15:00, Dinner 18:00-22:30(Tuesday to Saturday),18:00-22:00(Sunday)
URL:
https://dinings.co.uk/sw3/

写真・富岡 秀次 文・長谷川 ゆか

更新: 2019年5月14日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop