ロンドナーの熱い視線が集まる和風ジンカクテルとは? Suntory ROKU × Yashin Ocean House

ここ数年、新進気鋭のクラフトジン蒸溜所が次々とオープンしている英国。特に世界のバーのトレンドセッターであるロンドンは、空前のジンブームに沸いています。活況を呈する英ジン市場に、昨年サントリーのジャパニーズ・クラフトジン「ROKU(ロク)」が上陸し話題です。地元の人々に高い人気を誇る、ロンドンの高級日本食レストラン「ヤシン・オーシャン・ハウス」では、最近ROKUを使った新しいカクテルをオンリストし好評を得ています。

日本発のクラフト・ジンROKUの、日本特有のボタニカルに注目!

蒸溜酒に、ジュニパーベリーほか、ハーブやスパイスなどのボタニカルを浸漬した酒、ジン。このボタニカルこそ、プレミアムなクラフトジンの複雑な個性を形成するエッセンスです。ROKUはその名前のごとく、日本ならではのボタニカル6種類(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を使用し、それぞれの旬の時季に丁寧に収穫後、素材に合った方法で浸漬し、蒸溜。最終的に、熟練の日本人ブレンダーのもと、6種類の蒸溜酒が絶妙なさじ加減でブレンドされます。ほんのりと鼻をくすぐる優雅な桜や爽やかな柚子のアロマ、滋味深いお茶の味わい、そしてアフターテイストに感じられる山椒のスパイシーさなどが見事に調和したROKUは、まさに日本の四季や風土を凝縮したジンといえるでしょう。

繊細で味わいが持ち味のROKUを使った、抹茶カクテル

ロンドンの高級住宅地であるサウスケンジントンに、エレガントに佇む「ヤシン・オーシャン・ハウス」。天窓から自然光が優しく射し込み、ヨーロッパ特有の海の色、エメラルドグリーンを大胆に配したスタイリッシュなカウンターが印象的です。8から9割が地元のお客様、フレッシュな地元の魚介類とドライアイスを使ったドラマチックな演出で供される刺身各種が常連客たちに人気とのこと。「日本のジンを使ったジン&トニックは6種類オンリストしていましたが、ジンを使ったカクテルは今までメニューにありませんでした。でもROKUにインスピレーションを得て、この春からジンカクテルをスタートしました」と語るのは、同店のヘッドソムリエを務めるは、織田楽さん。「ROKUは、ジェニパーベリーが強すぎない、繊細で綺麗な味わいが際立つとてもバランスのいいジン。ボタニカルに使われている日本茶をフィーチャーしたかったので、抹茶パウダーをアレンジし、柚子ジュースと卵白で仕上げました」。

*抹茶カクテルレシピ

ジン 50ml
柚子ジュース 20ml
シロップ 小匙2杯
スライスしたジンジャー 3枚
ミント 5枚
抹茶パウダー 5g
卵白 卵一個分
ガーニッシュのレモンゼスト

ジンカクテルと、ハマチのカルパッチョのマリアージュ

「ジンカクテルというと食前酒の印象が強いですが、ROKUは日本固有のボタニカルがしっかりと出ているので、日本食ととても相性がいい。特にお茶や山椒のフレーバーが生魚と合わせても違和感がないので、ぜひ食中酒として楽しんでもらいたいですね」と語る織田さん。そして今回織田さんがペアリングした料理は、「ハマチのカルパッチョ、オレンジ・ソイソース」。春から初夏にかけてのフレッシュな息吹を彷彿させる抹茶の緑とレモンの黄色、オレンジの色のソース……。「色合いからも四季を感じてほしい。また、カクテルにも柚子を使っているので、オレンジソースで柑橘系の香りを合わせました」。揚げた鯖の骨、ビーツやニンジンなどの野菜チップスをスレートに刺したデコレーションが小粋なカルパッチョと抹茶のROKUカクテルは、今後日本食通のロンドナーの心をしっかりと掴むこと請け合いです。

Yashin Ocean House

Yashin Ocean House

住所:
117 - 119 Old Brompton Rd, South Kensington,
London SW7 3RN
TEL:
020 7373 3990
Hours:
12:00-15:00 (LO -14:00) 18:00-23:00 (LO -22:00)  日曜:12:00-16:30, 18:00-22:00 (LO -21:00)
URL:
http://yashinocean.com

写真・富岡 秀次 文・長谷川 ゆか

更新: 2019年4月23日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop