FROM JAPAN

シェフが世界に伝える日本の良いものをご紹介します

  • NEW
    シリル・ブラン×手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い 第二弾

    シリル・ブラン×手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い 第二弾

    第一弾に続く、「松乃鮨」のご主人・手塚良則氏とシャルル・エドシックの最高醸造責任者のシリル・ブラン氏による、マリアージュ検証第2回目です 。

  • 3つ星シェフのハートを射止めたキャベツ|ハインツ・ベック<Heinz Beck>

    東京丸の内にあるイタリア料理界の重鎮、ハインツ・ベック氏の東京の店「ハインツ・ベック」。白とベージュを基調としたインテリア、仄かに照らすライト、テーブルをさりげなく飾る生花……すべてが優しく穏やかな印象です。 いくつもの店に星をもたらした敏腕シェフ、ハインツ氏。さぞやパワフルな方なのだろうと想像し、いざご本人と会ってみると、さにあらず。朗らかな笑みを湛えるその表情は、最初に抱いたこの店の印象とぴったり重なります。

  • Cabbage Winning the Heart of Three-starred Chef|Heinz Beck

    “Heinz Beck” a restaurant in Tokyo of Mr. Heinz Beck, the authority of an Italian cooking, is located at Marunouchi, Tokyo.  White and beige based interior, dim light, fresh flower placed casually on the table… impression I received was all soft and pleasant. Mr. Heinz is

  • シリル・ブラン × 手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い

    シリル・ブラン × 手塚良則 シャンパーニュと鮨の出会い

    秋の気配が濃くなってきた10月初旬、シャンパーニュの大物醸造家シリル・ブラン氏が来日。真のシャンパーニュラバーが愛して止まない、シャルル・エドシックの最高醸造責任者を2015年より務めるブラン氏。自ら手がけるシャンパーニュと鮨との最高のマリアージュを探して、FOODPORT.で「鮨の心」を連載中の「松乃鮨」の手塚良則氏を訪ねた。

  • ついにヴェールを脱いだ、新生「豊洲市場」|旅する鮨職人、ヨシさんが語る 「鮨の心」 第五回

    ついにヴェールを脱いだ、新生「豊洲市場」|旅する鮨職人、ヨシさんが語る 「鮨の心」 第五回

    アメリカ、ヨーロッパ、アジアと世界を飛びまわる鮨職人、「松乃鮨」のヨシさん。「鮨は刺身がご飯の上にのったものだけではない」というヨシさんが、鮨に込める職人の想いを語ります。

  • Unveiled!  The New Fish Market, Toyosu

    Unveiled! The New Fish Market, Toyosu

    Sushi chef Yoshi of Matsunozushi. His work place is all around the globe. “Sushi is not just a slice of fish on rice” Yoshi talks about his art.

  • タベアルキスト・マッキー牧元が出会った、津軽あかつきの会

    タベアルキスト・マッキー牧元が出会った、津軽あかつきの会

    南北に長細い島国、日本。国土は狭いけれど、豊かな自然と清い水がそこかしこにある美しい国です。そしてその美しい風景から、日本の美味しいものが育まれています。この連載では、大都会では見られない日本の原風景から生まれる美味しいものを紹介します。

  • Foodist, Mackey Makimoto met the Tsugaru Akatsuki no Kai

    Foodist, Mackey Makimoto met the Tsugaru Akatsuki no Kai

    Japan, the island country which is slender and long, extending north to south. Small, but beautiful land with full of rich nature and blessed with pure water here and there. Delicious things have been developed from beautiful sceneries. In this series, we will introduce delectables originated from landscapes in Japan, which cannot be found in big cities.

  • 世界に誇る日本の牛肉|ステファン・ヘアット<ニューヨーク グリル & バー>

    「パーク ハイアット 東京」のシグネチャーダイニング「ニューヨーク グリル & バー」のシェフ、ステファン・へアットさん。ドイツ生まれのシェフが「私の好きな日本」として昆布、ホタテに続いて選ぶのは、牛肉です。自ら生産者を訪ね、清潔な牛舎で幸せそうに暮らす牛を見て感動したと語ります。 ストレスを与えられて育った家畜の肉と、大切に育てられたそれとの味は、全く違うといわれています。神戸牛から火のついた日本の牛肉の人気の秘密は、シェフたちの料理の腕前はもちろんですが、その生産現場にもあるのです。

  • World Class Japanese Beef|Steffan Heerdt<New York Grill & Bar>

    Steffan Heerdt is the chef of signature restaurant, New York Grill and Bar, at Park Hyatt Tokyo. The chef was born in Germany and chose beef to be the next featured ingredient after he introduced kombu and scallops in “My Favorite Japan.” He visited farmers on his own and told us, that h

pagetop