fbpx

SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

読者プレゼント「毎月せとうち」第10回|肉の旨みが凝縮! 本場ドイツでも認められた「星ふる街 3種のウィンナーセット」

穏やかな海に温暖な気候、自然豊かな島々。日本で一番大きな内海の瀬戸内は、1年を通して魅力的な食材が豊富です。そんな瀬戸内の特産品を、毎月FOOD PORT.メルマガ会員の方にプレゼントする連載「毎月せとうち」。さて、今月はどんな特産品でしょうか?

お取り寄せ品としても人気。「朝日屋」のハムやウィンナー

精肉店として山口県下松(くだまつ)市に昭和21年(1946年)に創業した「朝日屋」。平成元年(1989年)にハムやウィンナー、ソーセージなどの製造・販売を開始しました。確かな素材と技術で、これまでに幾度もドイツの歴史ある食品競技会・DLG品質競技会で金賞や銀賞を受賞しているハムやウィンナーは、地元でのみならず、お取り寄せ品としても人気です。

膨張剤・増量剤は不使用。肉本来の美味しさを引き出すこだわりの製法

「朝日屋」のハムやウィンナーには、主に信頼のおける国内の生産者の豚肉を使用。先代社長は、地元で30年にわたり養豚業を経営していた経験とノウハウを活かし、全国の養豚場を自ら視察し、厳選した豚肉を仕入れていました。今でもそのノウハウを受け継ぎ、それぞれの加工品に適した豚肉を厳選しています。

製造過程では、肉本来の美味しさを活かすため、添加物を極力使用せずに法定許容値の半分以下にとどめています。また、一般的なハムやウィンナーに含まれる保存料や膨張剤・増量剤は不使用。膨張剤・増量剤を使用すると水分量が増え、肉が間延びしてしまうため、使わないことで味わいに大きな差が出ます。

製造方法にもこだわっています。添加物を多く使用し、その分短時間の漬け込みで仕上げているハム製品が多い中、「朝日屋」では低温で2〜3週間かけて肉の中心まで塩分を浸み込ませ、じっくりと熟成させます。そうすることで良質な豚肉本来の旨みを引き出すのです。ウィンナーは、岩塩を使用し、もっとも香りが良くなる桜の木のチップでスモークしています。

それぞれ製造を開始してから30年以上が経ちますが、変わらぬ味を守り続けています。

2020年DLG品質競技会金賞の「荒挽きウィンナー」

「朝日屋」の商品の中で、2020年にDLG品質競技会で金賞を受賞したのが「荒挽きウィンナー」。

DLG品質競技会はとは、DLG(ドイツ農業振興協会)主催の、1887年より開催されている歴史ある食品競技会です。審査では、255人の審査員が4日間かけて味、香り、品質を評価し、その後、食品添加物検査や原料検査を行います。チェック項目は200にもなる大変厳しいもの。しかも、金賞が与えられるのは、厳格な審査を経て、すべての項目で「満点」を獲得した製品だけ! この厳しさゆえ、ヨーロッパでは受賞商品に対する消費者の信頼は絶大です。

そんな栄誉ある賞に輝いた「荒挽きウィンナー」は、歯ごたえが良く、この上なくジューシー。肉そのものの美味しさはもとより、肉の旨みがギュッと凝縮されたその味わいの虜になる人多数!

「朝日屋」がおすすめするウィンナーの調理法

ウィンナーのパリッとした歯ごたえと香ばしさ、肉の旨みを味わうのには、焼いて食べるのがおすすめ。レンジで袋ごと20秒ほど温めてから、中火にかけたフライパンで蓋をして1分、裏返してさらに1分焼いて仕上げると、ムラなく火が通りこんがりした焼き色が付きます。

FOOD PORT.メルマガ会員に 「星ふる街 3種のウィンナーセット」をプレゼント!

メルマガ会員の皆さまに好評のプレゼント連載「毎月せとうち」の6月の賞品は、紹介した「粗挽きウィンナー」と、お酒のお供にもぴったりな「ピリ辛ウィンナー」、口の中でとろけるような食感の絹びきの「ポークウィンナー」、この3種がそろった星ふる街 3種のウィンナーセット(¥1,889 税別)を5名様にプレゼント! 皆さま、奮ってご応募ください。

応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

島と暮らす

せとうちDMOのグループ会社が運営する、瀬戸内7県のおいしいものを取り揃える通販サイト。熟練バイヤーによる「有名ではないが本当に美味」な食品をご紹介しています。瀬戸内の豊かな土壌/海が育む新鮮な野菜やフルーツ、お魚やお肉で、いつもよりちょっと贅沢な食卓にしてみませんか? 


「島と暮らす」はコチラ
星ふる街 3種のウィンナーセット」はこちらから購入できます。

文・若松 真美

更新: 2020年6月12日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop