fbpx

SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

読者プレゼント「毎月せとうち」第5回|旨みがたっぷり! 化学調味料無添加で仕上げた「淡路島 無添加たまねぎスープ」

日本で一番大きな内海の「瀬戸内」は、1年を通して魅力的な食材が豊富です。そんな「瀬戸内」の特産品を、毎月FOOD PORT.メルマガ会員の方にプレゼントする連載「毎月せとうち」。さて、今月はどんな名産品でしょうか?

温暖な気候と豊かな自然に囲まれ、多くの食材に恵まれている淡路島。そんな淡路島を代表する特産品の一つが、玉ねぎです。

淡路島で玉ねぎの生産が始まったのは大正時代初期。玉ねぎが日本に来て間もない頃だったため栽培方法が確立されておらず、初めは手探りでした。昭和に入ると、淡路島南部に広がる三原平野を中心に生産規模が拡大していきます。その後、さらに栽培技術を高め、戦後は日本有数の生産量を誇るように。今では、その品質は、“日本一美味しい玉ねぎ”とも称されています。

淡路島産玉ねぎが美味しい理由

淡路島産玉ねぎの最も評価されている特徴は「甘み」です。その糖度は約9~10%といわれ、一般的な玉ねぎと比べ、4%程高い数値。また、瑞々しく、軟らかくて食感が良いのも特徴です。

淡路島で美味しい玉ねぎが育つ理由は、島ならではの気候と風土にあります。一つは、瀬戸内海に囲まれた温暖な気候と日照時間の長さ。2つめは、水はけが良く、肥沃な土壌であること。こうした恵まれた環境のもとで、生産者の手間と努力により、美味しい玉ねぎが生産されているのです。

淡路島産のたまねぎが化学調味料無添加のスープに

そんな淡路島産の玉ねぎの美味しさを存分に味わってほしい、健康に飲んでもらえる商品を提供したいと誕生したのが「淡路島 無添加たまねぎスープ」。

使用しているのは、淡路島産の玉ねぎ。淡路島の太陽の恵みのもと、信頼のおける契約農家の栄養豊富な土壌で育てられたもののみを採用。収穫後は、屋内で一定期間乾燥させることで、より甘みが増した状態に仕上げられます。

そんな玉ねぎ本来の美味しさを活かし、余計な添加物を一切加えずに仕上げたのが「淡路島 無添加たまねぎスープ」です。一般的なオニオンスープに比べて後味が残らず、くせのない美味しさのこのスープは、「淡路島玉ねぎの美味しさを存分に堪能できること」と「健康に飲めること」を追求するために様々な開発が重ねられ、一年がかりで完成しました。

低温でじっくりと乾燥させたオニオンチップ入り

特にこだわったのは乾燥オニオンチップ。即席の玉ねぎスープに添えられているフライドオニオンや乾燥オニオンは、短時間かつ高温で調理すると、玉ねぎ本来の美味しさを残すのは難しくなります。本製品で使用しているのは、手作業で丁寧にカットし、低温で24時間かけてじっくりと乾燥させたもの。玉ねぎ本来の味わいと栄養を損なわずに仕上げたオニオンチップです。スープがしみ込むと、淡路島産玉ねぎの旨みと共に、“しっとりシャキシャキ”な食感を楽しめます。

「淡路島 無添加たまねぎスープ」は、一杯ずつの個包装タイプなので持ち運びにも便利。忙しい日々の中でも、長時間煮込んだような玉ねぎの旨みを味わえるのが嬉しいです。

温かい飲み物が身に染みる季節。日本一美味しいともわれる淡路島玉ねぎの味わいを堪能できるスープで、ホッと一息ついてみてはいかがでしょう。

FOOD PORT.メルマガ会員に「淡路島 無添加たまねぎスープ 5食セット」をプレゼント!

1月は「淡路島 無添加たまねぎスープ 5食セット(734円相当)」を10名様にプレゼント! 皆様、奮ってご応募ください。

応募は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

島と暮らす

せとうちDMOのグループ会社が運営する、瀬戸内7県のおいしいものを取り揃える通販サイト。熟練バイヤーによる「有名ではないが本当に美味」な食品をご紹介しています。瀬戸内の豊かな土壌/海が育む新鮮な野菜やフルーツ、お魚やお肉で、いつもよりちょっと贅沢な食卓にしてみませんか? 


「島と暮らす」はコチラ
※「淡路島 無添加たまねぎスープ 」はコチラから販売しております。

文・若松真美

更新: 2020年1月1日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop